スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kik Tracee -Field Trip- 

カテゴリ:Kik Tracee

Field TripField Trip
(1992/08/25)
Kik Tracee

商品詳細を見る



久しぶりに聴いても、やっぱりStephen Shareauxのネチネチした歌声がしつこいKik TraceeのラストEP。


本来ならこのEPの後にリリースされるアルバムがあったはずなんだけど、結局リリースされずじまいで解散しちゃったから、実質的なラストアルバムがどんな内容だったのか気になるところです。
いきなり脱線しちゃいましたが、本題のこのEPに話を戻すと、Dana Strumプロデュースの1stとは打って変わって、レイドバックした中にも当時盛り上がりつつあった(既に盛り上がっていた?)グランジの影響も窺わせる内容になっています。
サウンドエフェクトを極力抑えた音像は、非常にラフな印象を受けます。


気怠いアコースティックギターのイントロから目覚まし時計の音に導かれて始まる①からして、グランジの影響か時代を感じませますね。
全体的にHRの範疇に入る楽曲が占めているのですが、トライバルなドラムに引きずるようなギターが絡みつき抑揚の乏しいメロディーが続く③だけが他の楽曲から浮いてる感じがしますね。
この③がEPの印象を中途半端にしていて、これさえなければ…と思ってしまいます。
ほのぼのした牧歌的な②、⑤は、EPのタイトル通り「Field Trip」に出かけた時にバスの中でリラックスしてジャムってるような佳曲です。
EPのラスト⑥は、7分超のHR曲です。


① Outta My Bed
② Field Trip
③ In Trance
④ Walking With A Dead Girl
⑤ Drop In The Ocean
⑥ Blood Brother
スポンサーサイト

Kiss -Revenge- 

カテゴリ:Kiss

RevengeRevenge
(2005/06/09)
キッス

商品詳細を見る



Freddie Mercuryと同じ日に亡くなった
エリック・カーが最後に参加したKissのアルバム「Revenge」
このアルバムが初めてリアル・タイムで聴いたKissの作品です。
「遺作」なので発売と同時に入手しました。


このアルバムより先にレンタルでベスト盤を聴いており
一緒に歌いたくなるような楽曲があってこそKissのアルバムだという考えでしたから、
ハードで楽しい曲からしっとり聴かせるバラードまで
Kissの魅力がギッシリ詰まった作品で一聴してすぐに気にいりました。


一般的にダークな作風と言われるアルバムですが、
自分の場合は、それほどダークには感じませんでした。
ダークというよりもヘビーさが増した印象の方が強かったですね。
たとえヘビーな曲が増えても、
これより先に聴いていた過去の名曲と同じように
全編に亘ってシンガロングできそうなキャッチーなメロディーが流れていたから、
90年代に時代の流行(レコード会社?)に惑わされて音楽性を方向転換して
ファンを落胆させた数々のバンドの作品に比べたら、
Kissの名の元に発表されて何ら差し障りのない作品だと思います。


ドラムを叩けないほど体調が悪化していたエリック・カーが
コーラスに参加している⑤God Gave Rock N' Roll To You IIなんて
楽曲も歌詞も演奏も完璧すぎるほどのロック・ソングですね!
④Spitのアメリカ国歌を挿入したギターソロも
アメリカのバンドらしさが表れていてカッコイイし、
ドライブ感がたまらない⑥Dominoも
歌詞がちょっとおバカな②も楽しい。
「23時半頃になるとムラムラしてくる」
「そんな時はストリップ・バーへ繰り出すんだ」ってw


メンバーの死という精神的にも大変な状況でありながら
こんなにも明るく楽しい作品を作り上げてしまうKissって凄い!



Kik Tracee -No Rules- 

カテゴリ:Kik Tracee



何かの拍子に思いだす昔聴いてたバンド、アーティストっていません?
自分の場合、年に何回か思い出すのがこのKik Tracee


彗星のように消えていったバンドだったから、
もう覚えてる人いないかなぁ…
Mötley CrüeからVince Neilが解雇された時に、
後釜として噂されてたのが、
このバンドのボーカル、Stephen Shareauxだったと言えば、
思い出す人もいるかも。
なんで年に何回か思い出すのかはハッキリわからないけど
きっとボーカルのStephen ShareauxがMötley Crüeに入り損ねたからだと思うw
いや~、後々のMötley Crüe周辺のゴタゴタ騒ぎの事を考えると
あの時Mötley Crüeに加入しなくて良かったと思いますよw


このアルバム「No Rules」は、
ミュージックライフに出てた、このアルバムの広告のメンバー写真が
多少エキゾチックで妖艶な感じがして、
他のバンドと違った雰囲気を漂わせてたのが気になって買った。
91年だったから、
終わりつつあった(終わってた?)LAシーンでもまだカッコいいバンドがいるかも!
と期待して買ったアルバムだったね。


実際聴いてみると
LAのバンド(当時の)にしては演奏が上手く感じたしw
少しネチネチとしつこい感じのする(良く言えば泥臭い)Stephen Shareauxのボーカルも
意外にパワフルでバンドに似合ってた!
この時期に出てきたLAのバンドの中では
アルバムの音作りもビッグな音作りで
大当たりのバンドでしたね!
当時結構聴いてたよ。


タイトルトラック①Don't Need Rulesのパワフルなヘビーロックから
パワーバラード③You're So Strangeや
アコースティックな⑥Big Western Sky、⑩Lostと
音楽的にも幅が広くて2枚目も期待できそうに感じてたんだけど…
(今でも③You're So Strangeは好き)
Mötley Crüe加入騒動をはさんで発売された
EP「Field Trip」で急速に失速して
そのまま消えちゃった…
結構期待してたのになぁ~残念…


久しぶりに情報を探してみたけど、
大して情報も更新されてないから
解散したままなんだろうね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。