スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jurassic Jade -Hemiplegia- 

カテゴリ:Jurassic Jade

HemiplegiaHemiplegia
(2006/11/23)
JURASSIC JADE

商品詳細を見る


昨年7月の名古屋TIGHTROPE「ENDOPLASM」レコ発ライブの会場で買ったアルバム!


実はライブの10日前に退院したばかりだったなのに
無謀にもライブへ足を運んだんだよね!
この4か月前の初ライブ体験があまりにも強烈で
4か月だってもJurassic Jade熱は下がっておらず
どうしても見ておきたかったからね。
少年だった頃、
彼らの強烈なルックスにビビってライブに行かなかった分を
取り戻すという意味でも行っておきたかったしw
会場で買った「Hemiplegia」と「ENDOPLASM」は
個人的には自分の回復記念(退院祝い)のアルバムですねw


当日は一応体調を気遣って
病み上がりだから大人しく見ていようと思ってたはずなのに
ライブが始まった瞬間
そんな体調の事なんて何処へやら
いつの間にか最前にいたし(苦笑)
この日のライブの方が
前回(同年3月)よりもファンも多かったし
クラウド・サーファーやモッシュ・ピットも出来て
盛り上がりも凄かった。
(途中ファン同士が喧嘩になりそうになってた・苦笑)


相変わらず強烈なジャケットの「Hemiplegia」は、
今のところ最新作の「ENDOPLASM」と対をなす作りで
2作とも6曲入り。
収録時間が約20分なので
①Monster Sacre, Faradizedから
スラッシュに込められたドロドロの世界観に集中していると
あっという間に終わって繰り返し聴いてしまう。


Jurassic Jadeのどの曲をとっても
楽曲やバンドの演奏と併せて
言霊使いHIZUMIが紡ぎだす歌詞にも
意識を奪われてしまうね。
人間のドロドロした内面をえぐり出したような歌詞世界。
陰湿なドロドロとした世界観ってツボなんで。
聴いている間は、
アチラの世界に引きずり込まれているので
アルバムがあっという間に終わってしまうように感じるんだろうね。


その日のライブは、こんなセットでした↓


2008.07.20(日)名古屋栄TIGHT ROPE


ドク・ユメ・スペルマ
触れてはいけない
G.D.G
Smell Of The Pebble
3times Per 49days
我が名はHizumi
Endoplasm
Mimic Cry
Let's Go Heroes
The Individual D-Day
精神病質(Seishin-Byo-Shitsu)
Go To The Dogs
鏡よ鏡
Hemiplegia


-Encore-
香港庭園


スポンサーサイト

Jurassic Jade -ENDOPLASM- 

カテゴリ:Jurassic Jade

ENDOPLASMENDOPLASM
(2008/06/20)
JURASSIC JADE

商品詳細を見る


2008年発表のこのアルバムの1曲目のタイトルのように、Jurassic Jadeは自分にとって「触れてはいけない」果実のようなバンドだった。


「だった」というのは、
その存在を知りながら昨年2度(3月名古屋 APOLLO THEATER、7月名古屋 TIGHTROPE)ライブで見るまで、
興味はあっても聞いてなかったから。


まだ音楽に本格的に興味を持ち始めた中学生だった頃、
たまたま手に入れた「HEAVY METAL FORCE III」というコンピにJurassic Jadeが2曲参加していて(インディーズだったXも参加)、
収録曲の「I Was Born To Thrash」、「Ryuketsu Ningyo」のタイトルもおどろおどろしいし、
何よりもブックレットのメンバー・ショットが余りに強烈で、
少年の純粋な心に「とても恐ろしいバンド」というイメージを植え付けたわけですよw(でも曲は好きだった)


近くのライブハウスで彼らのライブがあっても、
怖くてとてもライブに行けないw
取って喰われちゃうんじゃないかと思ってたくらい本気で恐ろしかったw
もちろん「恐ろしい」という気持ちはすぐ無くなったんだけど、
その頃には何だかんだと他のバンド(主に海外バンド)に足を運ぶばかりで、
昨年まで彼らのライブを体験する機会がなかったんです。


HIZUMIがドロドロとした人の心に潜む闇を不穏な言葉に乗せて紡ぎ出し、
バンドはヘビーでスラッシーなサウンドで、
ステージ上からフロアに発せられるHIZUMIの言霊に援護射撃!
そんなドロドロした世界にドップリ漬かってしまった。
もともと音楽でも、映画でも、小説でも、ドロドロしたのが好きなんで。


あまりに強烈なライブを体験した後は、
昔チキンな理由でライブに行かなかったことを後悔した…
なんてもったいない事をしたんだ…と。


ライブ会場で買った、このアルバムを聴いて更に後悔した…
やっぱ理由はどうあれ、聴かず嫌いはいけませんね(この場合はちょっと違うかw)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。