スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Outrage Japan Tour 2010 'Rise' @ 名古屋 Electric Lady Land 

カテゴリ:Outrage

随分前の話で恐縮ですが、Burrn!誌人気投票でアルバム部門3位に入った「Outrage」発売後、初となる名古屋公演に行ってきました。


会場近くの商店街でブラジリアン・チキンを食べてて見事に開場時間に遅れてしまい、会場に足を踏み入れた時には、まだオープニング・アクトの演奏中なのに会場入り口の扉まで人で埋まっており、入口付近から全く移動する事が出来ず…
残念ながらソールドアウトにはなっていなかったものの、会場を埋める人、人、人を見ただけで、新作がいかに充実した内容で、好意的に受け入れられているかが窺えました。


セットチェンジで人が移動し始めるのを待ってから、前の方へ移動…というより、急遽一緒に行ってくれることになった友人に促されるまま最前列に。
この時既に脚の痺れが強くなってきていたので、人にぶつかったり、モッシュに巻き込まれたりしたら、即退場です。
友人が安井氏側最前列の隅っこに安全な場所を確保してくれたので、万が一の時には友人とバーをくぐって逃れよう!と決めてライブに臨みました。


お約束のLed ZeppelinのImmigrant Songでメンバーが登場し、丹下氏が刻むRiseのイントロ・ドラムに誘われて会場からの声も徐々に大きくなっていく。
余談ですが、Riseのイントロを聴くと、MetallicaのThe Ecstasy Of Goldを思い出すんですよね。
興奮が徐々に盛り上がっていき、 曲に入ると同時に一気にアドレナリンが噴き出すような感覚を覚えるあたりが似てるというか。
ライブで聴いて、更にその感覚が強くなりました。
1曲目から会場全体から「Die!Hard!」の声が上がり、早くも会場全体が一つになりました。
続く2曲目は新作の曲順通りYou Care?I Don't Careで、その勢いのまま畳み掛けるように初期の曲が続き、私がいた反対側、阿部氏側ではギター・ソロに合わせて歌声が上がるようになり、まるでIron Maidenのライブのようでした!


新作からの曲に戻る前に、丹下氏が「みんな、新しいアルバム聴いた?」とファンに問いかけ、「最高~!」とフロアから好意的な反応が返ってくると、安井氏がすかさず「そうか~?」と首を傾げて笑いを取る。
橋本氏が脱退する前のライブでは近寄りがたい威圧感さえ感じたのに、現在はバンド活動の充実ぶり(ベテランの貫禄?)がバンドの雰囲気にまで表れているのか、メンバー全員終始笑顔だったのが印象的でした。


中盤からShine Onまでは新旧の楽曲を交互に織り交ぜながら進み(Slowly But SurelyとShine Onでは、キーボード奏者のサポートも入っていました)、Final Day、Life Until Deafからの選曲で全力疾走で本編終了!



当然のように会場からはアンコールを求める声が上がり、すぐにステージに戻ってきた阿部氏が弾き始めたのはMegalomaniaで、阿部氏のギターが炸裂する楽曲3連発で、フロア前方のモッシュ、ダイブが更に激しくなり、異常な盛り上がりを見せました。
安井氏も客席にダイブしてステージ近くのファンに胴上げされた状態で演奏を続ける程の盛り上がりようで、安井氏側にいた私は、人とぶつかったりしないように身を避けるのに必死で!(苦笑)
しかし危険を避けながらも、身体の中ではアドレナリンが吹き出るのを感じていましたよ。


続く2回目のアンコールは、名曲Final Day!
会場全体が「My! Fi! Nal ! Day!」の大合唱が起こり、ステージ上のメンバー、そしてファン全員が最後に残ったエネルギーを使い切ってしまおうとしているようでした。
ラストのStep On Itが終わると、缶ビールを手にしたメンバーがステージ中央に集まってフロアのファンと一緒に写真に収まり、メンバーから感謝の言葉が述べられました。
その時の写真は、ライブ終了直後に丹下氏のブログで公開されていて、ちゃっかり私も写っていましたw


ライブが終わっての私個人の感想は、新作に合わせてか疾走感のあるスラッシュ・ナンバーが多かったので、あったと言う間に時間が過ぎて行った気がしました。
楽しい時間ほど早く過ぎて行ってしまうものですよね。
最後に「ツアーが終わったら、またライブやりますんで~」と丹下氏が言っていたので、夏頃にライブがあるのかな?と勝手に予想しています。


当日のセットリストは、こんな感じでした↓


2010/02/27 名古屋 Electric Lady Land


Rise
You Care? I Don't Care
Just Believe In Me
Death Trap
Fall To Disorder
Veiled Sky
Fists Full Of Sand
Until You Are Dead
Slowly But Surely
Landshark
Under Control Of Law
Shine On
Madness
Undertow
Echo
Live Until You Die
Blind
The Day Of Rage
Fangs


Megalomania
You Suck
Terrorizer


Final Day
Step On It


OUTRAGE VENOM Tshirt
物販では名古屋会場限定Venom Tシャツをゲットしました!



スポンサーサイト

Outrage Japan Tour 2010 Rise Tシャツ 

カテゴリ:Outrage

OUTRAGE Tshirt Front



明日のOUTRAGE名古屋ライブに先駆けて、オフィシャルHPでTシャツ購入しました。
グッズ購入はいつも会場でするのですが、腰痛で物販ブースに並ぶのも大変そうですし、万が一グッズ購入の時点で辛くなってきたらせっかくのライブが楽しめないので、今回は通販で済ませました。
1枚目は、バックにツアーデートの入ったJAPAN TOUR 2010 Tシャツです。
ライブで買うのは圧倒的に公演日程が入っているものが好きですね。


OUTRAGE Tshirt Back
バックプリントはこんな感じです。



OUTRAGE EP Tshirt
OUTRAGE EPのデザインの方もゲットしました!



明日はどちらのTシャツを着て行こうか考え中です。
明日は無理しないように安全第一でライブ楽しんできます!



合言葉は「ダァイ!ハァードォ!」 

カテゴリ:Outrage

2週間前からの冷え込みで
もともと悪かった腰が一気に悪化しまして、
腰の痛みだけでなく左足の痺れも酷く立っても座っても、
はたまた寝転がっても楽な姿勢がないという状況で
パソコンの前に座るのも非常に辛い状態です。
そんな状態ですので、
コメント返信や更新も出来ない状態でした。
私の具合を気遣ってくださりコメント、メールを下さった方々、
お気遣いありがとうございます。
投薬治療と鍼灸治療で
しばらく様子を見る事になりました。
日中の暖かい時間帯に多少痛みがやわらぐものの
まだ長時間座っている事が出来ないので、
今回の記事は数回に分けて書いていったものを1つにまとめました。


そんなこんなで少し日にちが経過してしまいましたが、
12月6日名古屋市内にて行われたOUTRAGEのイベント2連発行ってきました!
彼らの地元、名古屋でのイベントは、
橋本氏が「期間限定」復帰中だった2007年に行われたBIG BOSS名古屋でのアコースティックライブ以来、
2度目の参加(通算3度目)になります。


まずは14時からタワレコ名古屋パルコ店でのサイン会です。
参加券には「13時半集合!」と書いてあったので
友人と2人余裕を持って時間より早めにタワレコに到着して
店内の様子を窺うも全然集合の気配がない。
仕方がないので無数にあるCDの誘惑に負けないように店内をウロウロして時間をつぶしました。
(あれだけ新作が品切れで大騒ぎしてたのに、この日50枚以上が入荷していました。もっと早く入れろよ!苦笑)


集合時間になった頃
店内の音楽がOUTRAGEに変わり店員さんの案内が始まると
それまで何処に隠れていたのかOUTRAGEのTシャツ着用のファンもゾロゾロと集まり出す。
参加券はしっかり持ってるから焦らなくてもサイン会に参加できるのに逸る気持ちを抑えきれず、
さっさと列に参加して6番目か7番目に並んでしまいましたw


時間になって10名ずつサイン会会場に案内されて
サイン用のテーブル前でイベント参加特典のポスターを受け取り待っているとメンバー登場!
ここからはメンバーと一言二言会話しつつ、ただ前の人の流れに付いて行くだけですw
この日のサイン会では
持参したCDかポスターのどちらにサインをしてほしいかを選ぶ事が出来たので、
今回はポスターにサインをいただきました。
ポスターにサインをいただいた後になって気付いたんですが、
ペンが乾くまでポスター巻けないんですね~
だからサインが乾くまでポスターをヒラヒラさせながら歩くことになってしまいましたw
まるでOUTRAGEの歩く広告塔w


サインをいただいた後も
会場(というより普通に売り場の中w)に残る事が出来たのでメンバーのいる周辺をうろついてみたり、
来年のツアー・ジャンパーを着ていたスタッフの方に話しかたりと
結構怪しい(キ〇い)ファンと化していたかも知れませんw
ジャンパーのスタッフの方に、
「今度のツアーでは、Tシャツだけでなく冬でも着れるジャンパーとかパーカーとか物販で出ないですか?」なんて聞いて
ちょっと情報収集してみたり。
「それ出したら買う?」の一言に「絶対買います!」と即答しておいたので、
バンドT大好き人間は勝手に期待しています。
そのスタッフの方との別れ際に「じゃ、君これバラまいといて」とツアーのチラシを束で渡されて(50枚以上あった)
大量に貰えてうれしい半面、正直ちょっと困ったw
(夕方のイベント会場で、少~しだけバラまきました)


その後に周辺をうろついている時に
ビデオカメラを手にした女性スタッフから「コメントいただけませんか?」と声を掛けられました。
友人と1人ずつ別々にカメラに向かってコメントした後に
2人一緒のコメントもお願いされて
女性のキューで既にテンパってる2人が同時に喋っちゃうもんだから
2人一緒に写してもらったコメントは、もうグダグダw
後でメンバーやスタッフが見るとか思うと、かなり恥ずかしい。


そのうちイベント参加者全員へのサインも終えて
メンバーは拍手で送られながら関係者通路へと引っこんで行きました。


Outrage_Autographed_Poster
このポスターをヒラヒラさせてうろつきましたw



サイン会の次は、夕方18時からBIG BOSS名古屋でのホーム・パーティー!
サイン会が思ったよりも早く終了したので
(スタッフがサインするのが早過ぎ!とボヤいてたw)
会場周辺で時間を潰してから会場前の列に加わりました。
時間になりイベント参加の予約した名前を告げて
プレゼント抽選会と写真撮影会の整理番号が記されたカードを受け取り、いざ店内へ!


店内奥に作られたスペースに参加者全員が座ったところで
スタッフのコールによってメンバーが登場してアコースティックライブがスタートです。
アコースティックのはずなのに
新譜から「Rise」「Until You Are Dead」「Fists Full Of Sand」などが
普通にプラグインされた状態で演奏されてw
数メートルの至近距離で見ていたため
曲のヘビーさに加えて音圧も体感するほどでした。
チューニングで時間が空いた時には、
橋本氏が「飲みかけのペットボトルを男のファンには渡したくない!だって俺が嫌だもん」と近くのファンをいじったり
メンバー同士で「全然アコースティックじゃないな」と笑いを取ったりして
終始和やかな雰囲気で進行し
「You Suck」やアンコールのIron Maiden「Running Free」まで飛び出し
「全然アコースティックじゃない」ライブが終了しました。


ライブの後はビールやソフト・ドリンクが振舞われて
丹下氏の音頭で乾杯して
そのまま立ち飲みしながらの雑談会w
「次はドンペリで乾杯だぁ!」と笑いを取った阿部氏の言葉が
新作の充実度と好調なセールスを物語っていたような気がします。
普段ライブで見かけて顔は知ってるけど
話した事がなかったファンの方とも話す事ができたりして
ファン同士の交流も出来て今後のライブに行く楽しみが増えました。


雑談会の後は入場時に渡された番号順に呼ばれて
メンバー4人とファン5人程度で写真撮影です!
滅多に一緒に写真を撮ったりする機会がないので
みんな思い思いのポーズで写真に収まっていました。
中にはマジックで「OUTRAGE」と胸に書いてきたファンの方がいて
かなり爆笑を取ったらしいです。
残念ながら自分がトイレで退席してる間の出来事で
その場面を見逃してしまいました。
この時撮った写真は、
イベント終了後の退場時までにプリントされて
参加者全員にプレゼントされました。


イベントの最後は
メンバーを始め、バンドのスタッフやBIG BOSS名古屋のスタッフからの少し早いクリスマス・プレゼントが当たる大抽選会!
入場時に受け取ったカードの番号が呼ばれた人が大当たり!
自宅から持ってきた要らない物(丹下さん談)から
バンド関連の物や音楽ギフト券などまで
様々なものが用意されていて、
当選者はプレゼントを受け取った後、
マイクに向かって「ダ~イハァ~ド!」と叫ばされて
デス声から女性の照れながらの色んなスタイルのシャウトが聞けて
当選の喜びのシャウトが起こる度に爆笑が沸き起こりました。
当選番号を読み上げても当選者が名乗り出ない時には
「ダ~イハァ~ド!と叫ぶのが嫌なのか?w」と
進行役の丹下さんが笑いを誘い
笑いの絶えない大抽選会でした。
個人的には丹下賞の丹下さんの最寄り駅の駅ストラップが欲しかったんだけど、
残念ながら当選しませんでした。
ストラップが欲しかったというよりも
ストラップとセットになっていた丹下さんがストラップを持って満面の笑みで写っている写真が欲しかったw
飲んだ後に酒の残っている状態で撮影したという写真で
家に飾れば笑いの絶えない家庭になる事間違いなしの本当に爆笑モノの写真でした。
自分は当選しませんでしたが、
一緒に行った友人が残念賞のステッカーが当たって羨ましかったです。
プリントが少~しずれてるという理由で
販売されなかったレアなステッカーだったので。
残念賞だったので「ダ~イハァ~ド!」はナシでしたw


大抽選会が終わると参加者は撮影会で撮影した写真を受け取ってからゾロゾロと退場して、
この日のイベントはお開きになりました。
ファンを大切にするOUTRAGEらしいファン・サービス満載のイベント2連発でした。
抽選会の最中に「韓国盤のリリース決定」のニュースが届いたのも嬉しいサプライズでしたね。
2月のライブが更に楽しみになったけど
先に腰をどうにかしないと・・・(汗)
最悪車イスでライブ参戦?(苦笑)


Outrage Home Party @ BIG BOSS 1
会場はこんな感じでした


Outrage Home Party @ BIG BOSS 2
阿部氏ギター


Outrage Home Party @ BIG BOSS 3
安井氏ベース



Outrage Japan Tour 2010 'Rise' 

カテゴリ:Outrage

Outrage Ticket Feb 2010


OUTRAGEのアルバムがあまりにも強烈なので、
発売日の朝、近所のサークルKで2月の名古屋公演のチケットを買ってきた。
理由が何であれ、結局は行くんだがw


前回のライブのチケットを買う時はLoppiがなかなか繋がらなくて大変だったのに、
今回はカルワザのぴあだったからか、1分もしないうちに繋がったから楽だったぁ~
番号も100番台前半で良番だったし。
まあ番号若くても、身体が若くないから(腰痛持)後ろで観る事になるんだけどね(苦笑)


公演日の2月までアルバムをガッツリ聴いて気持ちを盛り上げていきます!



OUTRAGE Presents BLAST!2009 @ 名古屋ell. FITSALL 

カテゴリ:Outrage

2年ぶりにOutrageのライブに行ってきた!


橋本さんの「We're gonna out of control tonight!」というシャウトと共に幕を開けたライブは、
いきなりの1stからの曲2連発で
ソールドアウトの会場は一気に熱気に包まれましたね!
Outrageの前に演奏した2バンドよりも遥かにラウドでヘビーで
2年前よりも更にタイトになってた。
今回の会場は、2年前の会場よりも小さい会場だったから、
自分が陣取った少しステージから遠い場所からでも
ステージ前のモッシュやステージの様子まで良く見えて
自分のペースで楽しむことができたね。


前回のライブから2年が経過していたこと
今回は新曲もやると丹下さん自身がブログでも語っていたので、
この日集まったファンは
新曲が披露されるのを楽しみにしていたと思う。
自分も新曲がいち早く聴けるので
かなりの期待を胸に会場へ向かったからね。


新曲をやる前に
橋本さんが「あまり演ったことがない曲!というか新曲」と言って紹介していた
「Terrorizer」はイントロからいきなりギターがカッコ良いスピード・チューンで
マジに鳥肌が立った!
アルバムが発売されたら
ライブでの人気曲になりそう!
新曲「Terrorizer」で
あまりに興奮してしまったから
続けて披露された新曲のはっきりしたタイトルを覚えてない…(苦笑)
後半に披露された新曲の方は、
スローなパワーバラードっぽい壮大な雰囲気を持った曲だった。


3人時代の「Bleed Out」が終わって
ステージ袖からギターを抱えて出てきた橋本さんが
阿部さんにギターを渡した後に


「俺はローディーもやるんだよ」


と冗談を言ったら


安井さんがすかさず


「水持ってこい!」


と返したり
地元名古屋でのライブだからか
ステージ上もリラックスしていたね。


本編ラストは、
ギターのイントロが最高!の「Megalomania」で締めて、
1回目のアンコールは
「Final Day」からの人気曲2連発!


2回目のアンコールは、
なんとMetallicaのカバー!
トリビュート・アルバムでカバーしていた「Fight Fire With Fire」
ステージ前は、ただでさえ大混雑してるのに
あのアコースティック・ギターのイントロが流れた瞬間
後ろの方で見ていたファンも一気にステージ前に走り出して
ステージ前はとんでもないことになってました。
一瞬ステージ前でモッシュに加わりたい衝動に駆られたんだけど、
ヘルニア持ちなので(ライブ中立ちっぱなしだったのが結構堪えてたし)
万が一のことを考えて衝動を抑えておきました(苦笑)


事情があって普段パソコンやiPodのショボイ音で
音楽を聴いてる者としては、
まさに爆音で聴けるライブは
やはり最高です!
ニューアルバムへの期待も更に膨らんで待ちきれませんね!


当日のセットリストは、
こんな感じでした↓


OUTRAGE Presents BLAST!2009 @ 名古屋ell. FITSALL


Under Control Of Law
Death Trap
Sad Survivor
Curtain Of History
How Bad
Terrorizer(新曲)
YY01(新曲)
Undertow
Bleed Out
Shine(新曲)
Donkey Ride
Blind To Reality
Step On It
The Day Of Rage
Megalomania


My Final Day
Madness


Fight Fire With Fire


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。