スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V.A. -Spawn The Album- 

カテゴリ:Soundtrack

Spawn: The AlbumSpawn: The Album
(1997/07/31)
Original Soundtrack

商品詳細を見る



まさに異色タッグ戦!
そんな言葉がピッタリな1997年公開映画「スポーン」のサントラです。


当時の人気アーティストが人気DJ、またはエレクトロ系プロデューサーがタッグを組んで自身の曲を様々な形で料理おり、既発曲を寄せ集めたサントラよりも興味深い内容になっています。
HR/HMファンとしては、やはり興味がそそられるのが③Kirk Hammett、⑥Metallicaや⑬Slayerあたりでしょうね。
他にもHR/HMに近いところでは、Marilyn MansonやKornも収録されています。
今回は、上記3曲について書いてみたいと思います。


③は、Kirk Hammettとしては初めてのソロ名義での作品になるのでしょうか?
Kirk Hammettが弾いたギター・パートにOrbitalがアンビエント・テクノで加工したという印象です。
そして繰り返される「Satan!」の掛け声・・・別にKirk Hammettじゃなくても良いんじゃぁ?って感じてしまいます。


⑥は、オリジナルよりもかなりテンポを上げていて、オリジナルを聴きこんでいるからイントロのベースを聴いただけで、すっごい違和感を感じますw
イントロから新たに装飾された軽快なリズムが纏わりつき、ボーカルにも所々でかなりのエフェクトがかけられており、同じフレーズがリピートされたりやエコーが強くなったりと、結構大規模な再構築ですね。
ボーカルの一部分と延々と繰り返されるギター・リフが辛うじてオリジナル通りに残されているのが確認できます。


⑬は、肉食獣Slayerのハードコアな部分とAtari Teenage Riotのデジタル・ハードコアが面白い形でぶつかり合っています。
Atari Teenage Riotのイントロが終わるとTom Arayaの怒号を合図にSlayerパートがスタートし、Slayerの激しいスラッシュ・リフとAtari Teenage Riotのデジタル・ビートが徐々に混ざり合って加速していきます。
Slayerの企画物しては、これはカッコ良いと思います。


その他の収録曲は、


1. (Can't You) Trip Like I Do / Filter & The Crystal Method
2.Long Hard Road Out of Hell / Marilyn Manson & Sneaker Pimps
3. Satan / Orbital & Kirk Hammett
4. Kick The P.A. / KoЯn & The Dust Brothers
5. Tiny Rubberband / Butthole Surfers & Moby
6. For Whom The Bell Tolls (The Irony of it All) / Metallica & DJ Spooky
7. Torn Apart / Stabbing Westward & Wink
8. Skin Up Pin Up / Mansun & 808 State
9. One Man Army / Prodigy & Tom Morello
10. Spawn / Silverchair & Vitro
11. T-4 Strain / Henry Rollins & Goldie
12. Familiar / Incubus & DJ Greyboy
13. No Remorse (I Wanna Die) / Slayer & Atari Teenage Riot
14. A Plane Scraped Its Belly On A Sooty Yellow Moon / Soul Coughing & Roni Size


Spawn The Album Limited Vinyl
限定の3枚組10インチ・アナログ盤も所有しています


Spawn Promo Cassette
こちらはコミック付きのプロモ・カセットです
保存状態悪っ!w



スポンサーサイト

Soundtrack -Hannibal- 

カテゴリ:Soundtrack

Hannibal: The Original Motion Picture Soundtrack (2001 Film)Hannibal: The Original Motion Picture Soundtrack (2001 Film)
(2001/02/06)
Hans Zimmer

商品詳細を見る


第758回トラックバック・テーマが「好きな悪役」なので、
今日は大好きな悪役が主役のこの映画のサウンドトラックでいこう!


人気アーティストの曲が適当に並べられただけの最近ありがちなサウンドトラックと違い、
このCDは、純粋な映画のサウンドトラックです。
ただのコンピレーションのようなサウンドトラックはあまり好きじゃないので。
好きなアーティストの超レアな曲満載のサウンドトラックなら買うけどさ。


やはりサウンドトラックを買うくらいだから
当然元となるこの映画も大好きです。
アンソニー・ホプキンスも
彼の演じるハンニバル・レクターも大好きなので。
人を喰らう極悪犯なのに、
ユーモアがあって(かなりブラックなw)
憎めないというか魅了されてしまうというか。
映画館で上映されてる間に3回も見に行きましたw
シリーズ通して好きだけど、
ハンイバル・レクターが中心となって描かれてる
この作品が一番好きですね。


シリーズのサントラは全作持ってますが、
ハンニバルのキャラクターも反映されてか
かなりダークな出来で一番良いと思います。
このサントラを聴いてるだけで
映画の場面が頭の中で再生されます。


ハンニバルからクラリスへのラブレターのように受け取れる
アンソニー・ホプキンスの語りが入った①Dear Clarice~②Aria Da Capoの流れで
いきなり映画の中に引きずり戻されます。
オペラ・シーンで使われる⑫Vide Cor Meum優雅な曲もあれば、
潜伏していたハンニバルが遂に本性を現して
スリのニョッコを殺害するシーンで使われる
神経を逆撫でして不安を煽るような⑦Firenze Di Notteもある。
あまりオペラやクラシックに詳しくない自分でも全編飽きずに聴けますね。
⑫Vide Cor Meumの最後に入ってる効果音は
何度聴いても飛び上がる程ビックリしますw


一番の思い出としては、
このアルバムを聴いてる時遊びにきた友達が
「映画思い出すから怖いよw」って言われたことかなw
「キモい」と言われなかったから、
まだいいかw



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。