スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vicious Rumors -Cruising The World- 

カテゴリ:Vicious Rumors

Cruising The WorldCruising The World
(2005/05/12)
Vicious Rumors

商品詳細を見る



メタル熱を再燃させてくれたVicious Rumorsが2005年リリースしたDVD作品。
「Razorback Killers」のあまりの良さに過去作品をチェックしていたところ、彼らがDVDをリリースしていることを知って早速オフィシャル(facebook経由)で購入しました。


ヨーロッパツアーのでフェスや通常のライブの映像をメインに、ライブ映像の間にメンバーのインタビュー、メンバーかクルーが撮影した移動中の映像などが収録されていて、ロードムービーのような構成になっています。
(こういうライブ以外での映像が含まれているのって好きなんですよね)
このツアーの正確な年代まではわからないのですが、Savatageのバックドロップをバックに演奏している映像があったり、バックステージの映像ではSavatageがリハーサルしていると思われる音(Visions)が聞こえたりするので、おそらく2001年頃なのかな?


多分時系列でライブ映像が収録されていると思うんだけど、何故か「Lady Took A Chance」だけはCarl Albert時代の映像で、いきなり過去に引き戻されるような構成で少し違和感を感じてしまいました。
ツアーの様子を収録するのなら、この部分はボーナスコンテンツ扱いでも良かったような気がします。
一番気になるBrian O'Connorなるヴォーカルは、高音域での安定感もなかなかで声質もメタリックで安心して楽しめました。
バンドの安定感もさすがです!
曲間に収録されているヨーロッパのメタルヘッズに様子なんかも見ていて、ライブに行きたくなりますね。
特にこの時期だとフェスに!


懐かしいPV4曲が収録されていて嬉しいボーナスなんだけど、テープ興しなのか映像が荒いのが残念。
せっかくなら、もっとクリアな映像で見たかった…
全体的には満足いく内容なので、これくらいは我慢か。


収録曲は、


Down To The Temple
On The Edge
Digital Dictator
Poveglia
March Or Die
Fight
Only Live Twice
Don't Wait For Me
Lady Took A Chance
Broken Wings
Abandoned

-Bonus Features MTV Videos

Against The Grain
Children
Don't Wait For Me
The Voice

Razorback Killers Postcard
特典(?)でポストカードが数枚封入されていました

スポンサーサイト

Vicious Rumors -Razorback Killers- 

カテゴリ:Vicious Rumors

Razorback KillersRazorback Killers
(2011/03/30)
ヴィシャス・ルーマーズ

商品詳細を見る



先日の久々の更新で報告しましたとおり、
この1年、音楽に触れる時間といえば、
通勤中に電車の中でiPhoneかiPodで聴く時間くらいしか取れずでいたので、
このまま音楽に触れる時間が減って、
そのうち聴かなくなってしまうのか?って思ってしまうこともありました。



そんな時にB!誌に掲載されていたVicious Rumorsのインタビューを読んで、
新たに若いヴォーカルも入ったみたいだし、
「これを買わずして!!」と思い、早速購入しました。
手裏剣ボールが落下しているアートワークからして、
「Vicious Rumors」や「Welcome To The Ball」を彷彿とさせるし、
これは期待できるかも!と思ったわけです。
しかも手裏剣ボール燃えてるから、さぞ熱い内容に違いない!とw



結果から言ってしまうと、買って大正解でした。
Carl Albertが亡くなってからは、
作品がリリースされる度にチェックしていたわけではなかったですし、
ヴォーカルが頻繁に交代していたようなので多少の不安はあったのですが、
このアルバムの1曲目のイントロを聴いた瞬間に
そんな不安は吹き飛びました。
1度通して聴いただけで、「やっぱりメタルが好きだぁ!」となってましたw



今作から加わったBrian Allenの声質がCarl Albertに似ていることもあって(特に高音)
ヴォーカルの交代も違和感を感じることもなかったですね。
(個人的にヴォーカル交代が辛い場合もあるので、ここが一番大事なのです)
Geoff ThorpeとKiyoshi Morganによるツイン・リードも聴きどころが満載ですし、
盟友Mark McGeeがゲスト参加(④⑤)しているのに加えて
TestamentのEric Peterson(①)、Night RangerのBrad Gillis(⑩)とゲスト陣も豪華です。



スピード・チューンで始まり、
中盤はミドルテンポのへヴィー・チューンで攻めてくるあたり
アルバム構成としても好きなパターンの構成なので
聴く方としても集中力が途絶えることがないですね。
④Bloodstaind Sunday、⑧Let The Garden Burnの男性コーラスもライブでは盛り上がりそうです。



今年入手した中で一番のヘヴィロテ作品で大満足の内容なのですが、
個人的にGeoff Thorpeの声質が曲によっては苦手でして…
Geoffがヴォーカルを務めている⑧Let The Garden Burnは大好きなんだけど、
⑥All I Want Is Youでのヴォーカルが苦手なんですよね。
確か90年代半ばから毎作品をチェックしなくなっていたのも、
これが主な理由だったような気がします。



これだけの力作を出した後なので、是非とも来日して欲しいですね!



Vicious Rumors -Welcome To The Ball- 

カテゴリ:Vicious Rumors

Welcome To The BallWelcome To The Ball
(2005/02/15)
Vicious Rumors

商品詳細を見る


Savatageに夢中になっていた頃に
同時進行で夢中になっていたバンドが
Vicious Rumors


ドラマティックな曲が多かったSavatageに比べて
Vicious Rumors
思いきりストレートな純度100%のHMをやっていて
HMシンジケートでこのアルバムからの曲がかかって
力強いボーカルと疾走感たっぷりのバンドの演奏で
気に入ってすぐに買ったね!


このアルバムが出た後くらいから
グランジなんかが盛り上がりだして、
段々と正統派HMをやるバンドが少なくなってきて
寂しい思いをしていた時に出会ったバンドだから
思い入れが強い!
時代の流れに逆らうように(決して時代遅れという意味ではない)
正統派HMを聴かせてくれるバンドだったから
余計に好きになったね!


とにかくスピード感のあるリフが超カッコ良くて、
②You Only Live Twice~⑥Raise Your Handsの流れは
今改めて聴いても
最近のバンドなんかよりも全然熱い!
Carl Albertが低音から高音までしっかり聴かせるボーカルで
そのボーカルが堪能できる美し過ぎる位のバラード⑩When Love Comes Downも入っていて
とにかく当時の自分にとっては、
理想的なHMアルバムだったね。(今でもそう!)


Vicious Rumorsを好きになってしばらく経ってから気づいたんだけど、
なんか自分って不運や不幸に見舞われたりして
波乱の運命を辿るバンドが好きみたいですw
(Carl Albertが交通事故で亡くなるのは
好きになって数年後のことだけど)
正しく言えば
「逆境に負けずに活動しているバンド」が好きなんだね。
Vicious Rumorsの場合は、
Vinnie MooreをデビューさせたかったShrapnel RecordsのMike Varneyに利用されたとかね。
とにかく苦労話に弱いみたいw


「苦境でもめげずに、
こんな良い曲を書いて活動続けてるんだから、
自分も頑張らないと!」


って思っちゃうのかな?w
そんなのはバンドにとっては、
余計なお世話かw


そんな余計なお世話と抜きにしても
個人的には名盤です!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。