スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりなので近況報告 

カテゴリ:ひとりごと

突然の断筆から1年と少し…久しぶりの更新なので、簡単ですが近況報告をさせていただきます。



まず昨年9月に転職しました。
これが更新が止まってしまった一番の原因なのですが、仕事をしながら業務上必要な資格取得へ向けての勉強もしなければならず、休日には会社での勉強会に出席したりしているので、自宅に戻ってもなかなかパソコンを触る気になれずにいました。(仕事ではほぼ一日中パソコンの前に座っているので)


定期購買しているB!誌も全部読み切る前に、次の号が届く…といった具合で、せっかく購入した作品もゆっくり堪能することができず、通勤中にiPhoneで聴いてる状態です。
音楽のない生活は考えられないので、少なからず音楽に触れる機会があることは、本当に恵まれていると思います。



少ない自由時間をやりくりして、昨年6月には名古屋で開催されたMichael Jackson遺品展:MJ46 Keep on Lovingに行ってきました。
Jackson 5時代からソロ時代まで様々な時代の衣装から自筆のイラストなど、レアなアイテム満載のイベントで行けて良かったです。


オープニング・セレモニーでは、展覧会に協力しているプリンセス天功によるスピーチがあり、テレビカメラも多数来ていました。
一緒に行った友人(イギリス人+オーストラリア人)は、「あの人、自分でプリンセスって言ってるけどさぁ~、どこのプリンセス?」と非常に答えに困る質問を…w
「あの人、プリンセスじゃなくてマジシャンなんだよ」と教えてあげると、「マジシャンが、なんでプリンセスなの?」と堂々巡り…w
しかも入口入ってすぐに展示されていたプリンセス天功が描いたマイケルの肖像画を見て、「ヘタだよね~」なんて言っちゃうし、すぐ近くでインタビューに答えてた本人に聞こえるって(汗)
物販で売られていたオークション用カタログ(10万円)は、とてもじゃないけど買わなかったです。



MJ46 Postcard
来場記念に配布されたポストカードです




今年に入ってからは、岡崎市美術博物館で行われた“ビートルズとその時代 Swinging London 50's 60's”展に行ってまいりました。
この美術博物館は、大きな公園の中にあるので、妻と子供が公園で遊んでいる間に、一人でゆっくり鑑賞することができました。
50~60年代のポップカルチャーを象徴するようなデザインとThe Beatlesに関する展示物、そして企画に賛同したJimmy Pageのギターや衣装、たった800円でこれだけのアイテムを拝ませてもらえれば大満足です!



The_Beatles




残念ながら、この1年はライブに足を運ぶ機会には恵まれていませんね。
久しぶりに大音量の中に身を晒してみたいと思っているのですが、なかなかタイミングが合わなくて…
また最近買った新譜に関しても更新したいと思います。




スポンサーサイト

今週もまた訃報・・・ 

カテゴリ:ひとりごと

Slipknotのベーシスト、#2Paul Grayが亡くなってしまった・・・
先週のRonnieに続き、Paulまで・・・
自分とたいして年も変わらないし、デビュー当時から応援し続きてきたバンドのメンバーだけに、今回の訃報は大変ショックです。
このところミュージシャンの訃報が続いていますね。
Paulが何故亡くなったのか死因は未だ伝えられていませんが、亡くなる原因はなんであれ、好きなミュージシャンが亡くなるのは、何ともやりきれない気持ちになってしまいます。
謹んでご冥福をお祈りいたします。


higeraさん、情報ありがとうございました。




巨星逝く・・・ 

カテゴリ:ひとりごと

Ronnie James Dioの訃報を知ってから一週間が過ぎました。
その日は、久しぶりに夜遅くに帰宅してクタクタに疲れていたので、携帯で訃報を知り携帯を握りしめたまま一人うなだれてしまいました・・・


以前書いた「HR/HM好きの方へ100の質問」でも最強ボーカリストに選んだRonnieですが、恥ずかしながらRonnieの全作品をチェックしているわけではなく、Dioをはじめ、RainbowやBlack Sabbath、最近ではHeaven And Hellなどの作品を数枚ずつ持っている程度でした。
しかし、なんといってもHMのボーカル・スタイルを作り上げた先駆者ですし、年齢を重ねても衰えを見せない力強く伸びやかなボーカルは神懸かり的ですらありました。
80年代から90年代になる頃にHR/HMを聴くようになった私のようなファンが、Rainbowの作品など世に出て数十年経ってから聴いても言葉を失ってしまうほどの衝撃だったのですから、もしリアルタイムで聴いていたら本当にレコードが擦り切れるまで聴いただろうと思います。


少し前までは順調に回復していると伝えられていましたし、今後の予定もチラホラと伝わってきていたので、突然逝ってしまったようで非常に残念です。
また偉大な才能が天に召されてしまった・・・
謹んでご冥福をお祈りいたします。


久々の更新なのに 

カテゴリ:ひとりごと

愕然…


耽美でヘビーなゴシック・サウンドを聴かせてくれたType O NegativeのPeter Steeleが4月14日に亡くなった…
死因は、心不全らしい。
あまりに突然…
ご冥福をお祈りします…


久々の更新なのに、訃報なんて…


HEAVY METAL SYNDICATE 1000回記念公開録音 

カテゴリ:ひとりごと

HEAVY METAL SYNDICATE 1000回記念公開録音行ってまいりました。


一時期聞けなかった時もあったものの、高校生の時から聞き続きている番組ですので、会場のボトムラインに向かう道中は、おそらくこの人達も公開録音に行く人なんだろうなぁ~ってわかる風貌の方もチラホラ見かけましたしw、ずっと好きだったバンドのライブに足を運ぶような感覚でしたね。
開場時間30分くらい前に到着すると、既に開場を待つ列が出来ていました。
列に並んでいる方々は、おそらく自分と同年代(30代)もしくは40代で、少々平均年齢高めか?w
ライブと違い整理番号などは当選葉書に記載されていなかったので、そのまま列に加わり開場を待ちました。


開場時間の17時になると、係員に当選葉書の裏表を確認されてゾロゾロと会場内へ。
扉を通ってすぐにある通路左手にあるチケットぴあのカウンター横には、お祝いの花がズラリ!
そして通路の反対側には、Rainbow,Ozzy Osbourne,AC/DC,Iron Maiden,Judas Priest,Megadeth,Mr.Big等、バンド名が書かれた大プレゼント大会用の金色の応募箱が置いてあり、箱に書かれているバンド名を見ただけで、凄いものが期待できそうです。
後ろからどんどん人の波が押し寄せてくるので、どのバンドのプレゼントに応募しようか迷っている暇はなく、「ええ~い!Megadethにしとけ!」と葉書をブチ込んで2階のホールへ入場しました。


フロア後方から周りを見回すと、フロアにパイプ椅子が並べられ、まだ薄暗いステージ中央には酒井氏と藤井氏用のテーブルと席が用意されていました。
これまではライブ以外で、この会場に入った事がなかったので、ステージが異常に広く感じられて、妙な違和感w
会場のボトムラインのフロア中央には柱が何本か立っており、ライブの時は非常に邪魔な存在なのですが、今日はその柱を背もたれして座る事にして、隣の席の方達と話したりしながら開演を待っていると、開演時間ほぼ丁度に「ごきげんよう」のCOROZOのような変な声で公開録音での諸注意(白い粉を炙ると捕まるよ~のオチ付)がアナウンスされ、公開録音がスタートしました。


酒井氏と藤井氏のお二人が登場し、会場からの拍手が一段落すると、「このオッサン、今日緊張してるんですよ!さっきの炙りのギャグがあまり受けなかったから!w」といきなり藤井氏に弄られる酒井氏w
ステージに登場してきたその酒井氏の第一印象が、「BURRN!のHEAVY METAL SYNDICATEのページに載ってる酒井氏の人形ソックリやん!」w
なんて思ってたら、藤井氏も同じことをおっしゃっていました。
「どいつもこいつも手ブラで来やがって」と酒井氏の毒舌も登場直後から炸裂w
番組録音に入る前に酒井氏から改めて諸注意(くわ○た○えとかの放送禁止用語を言わないようにとかw)が伝えられ、番組収録が始まりました。


収録は、普段ラジオで聞いているのと同じようにCMも流される形で進行し、収録の間は、スタジオで番組を見学しているような感覚でしたね。
曲が流れている間、酒井氏はステージ上手にいるスタッフの方と忙しそうにマイクを通して会話していて、一方の藤井氏は曲に聞き入っている印象で、曲がかかっている間は話をせずにいるんだなぁと思っていたら、「初めての公開録音で普段通りに曲中に会話して良いのか分からずに、テーブルクロスのシミを眺めてた」と藤井氏が収録後に語っていましたw
この日流された曲は、Terra Nova,Extream,Big Elf,そしてクラシックロックではKansasで、この夏頃にTerra Novaが久々の新作を発表するニュースと共に新曲が流れたのには驚きました!
キャッチーなメロディ満載の清々しいHRが、また聴けるのは嬉しいニュースです。
1000回記念だけあってアーティストからの1000回記念のお祝いコメントも多数流されました。
葉書のコーナーでは、酒井氏が下ネタを連発して何度もとツっこまれてたり、曲紹介で普段した事もない指パッチンで曲のキューを出したり、藤井氏によると酒井氏は久しぶりの公開録音でかなりテンションが上がっていたようですw
今週末の放送で、その模様がまた聴けるはずなので、週末を楽しみにしています。


第二部は、お笑い芸人による漫談コーナーで、出演したのは、三拍子、Wコロン、飛石連休の3組。
Wコロンのツッコミ担当、木曽さんちゅう氏はBURRN!創刊当時から読み続けているほどのHR/HMファンだそうです。
普段お笑い芸人が多く出演するバラエティ番組は妻が見ている時以外は見ないのですが、さすがに生で観る漫談は面白かったですね!
客席からお題を出してもらって即興で謎かけを披露したWコロンの芸は整いまくりでしたし、飛石連休の岩見氏のキャラは強烈なキャラを生かしたネタで大きな笑いが沸き起こっていました。
客席から出た「酒井康さん」のお題をキッカケに酒井氏弄りが勃発し、謎かけが整う前に酒井氏が舞台に登場し睨みを効かすなかで謎かけを披露。


「整いました!酒井さんとかけまして、事故現場と説きます。どちらも死亡(脂肪)多発地帯です。」


謎かけを披露した後、舞台袖に引っ込んだ酒井氏の様子と恐る恐る窺う姿が更なる笑いを誘い、飛石連休の岩見氏に至っては、酒井氏を「おばさん」呼ばわり(しかも何度も)w
相方の藤井氏が、再来週辺りでHEAVY METAL SYNDICATEのレギュラーがなくなる~とビビりまくってましたw
いや~本当に笑わせてもらいました!
音楽も漫談もライブが一番ですねw


公開収録の最後は、恒例の大プレゼント抽選会です。
商品の内容が明かされる度に、ため息交じりの唸り声が会場から上がるほどの豪華さで、


Ozzy Osbourne フィギア・セット
Iron Maiden エディのフィギア、エドフォース・ワンの模型、エドフォース・ワンのフライトジャケット
Rainbow 皮ジャン
Europe メンバー直筆サイン入りiPodドック付きラジカセ
Judas Priest メンバー直筆サイン入りNostradamsボックスセット
Sonata Arctica メンバー直筆サイン入りギター
Mr.Big 特製ジグソーパズル、メンバー直筆サイン入りギター(Ibanez)
Megadeth デイブ・ムステイン直筆サイン入りギター(ESP)
AC/DC アンガスの直筆サイン入りギター(Gibson)
福袋


と、記憶しているだけでも、こんな豪華さですよ!
私は残念ながら当選しませんでしたが、この日当選した方は本当にラッキーだと思います。
アンガスの直筆サイン入りギターなんて当選したら、間違いなく家宝ものですね。


大プレゼント大会の後、酒井氏が「こんな性格だから、わざわざ言いたくはないんだけど」と前置きしたうえで、普段から番組を聞いてもらっていること、番組を応援してもらえているからこそ1000回を迎える事が出来たと感謝の言葉が述べられ公開録音は終了しました。
今回の公開録音が最後ということらしいので、1000回記念で公開録音に参加する事が出来て、リスナーとして貴重で楽しい体験をさせてもらったなと思っています。
最後の最後で、酒井氏が「オファーがあれば、またやるかも」と発言されていたので、気まぐれでやってほしいものですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。