スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Valensia -Gaia II- 

カテゴリ:Valensia

Gaia IIGaia II
(2000/10/18)
ヴァレンシア

商品詳細を見る


同じオランダ出身のRobby Valentineと共に
Queenからの影響を強く受けたロックと
端正なルックスで人気だったValensiaのGaia第二弾。
同じQueenに強く影響されながらも
ピアノを大々的に取り入れた
メロディックなハードロックをやっていたRobby Valentineと比べると、
Valensiaの方は、
よりシンフォニックでQueenからの影響が強く出てる。
あまりにQueen色が強く⑤Ley Parkなんて、
「Killer Queenじゃないのか?」と思わずツッコミたくなるくらいw
(⑧Celesteは、The Police?)
そう言いつつもメロディックなロックも好きなので、
ValensiaRobby Valentine
良く聴いていましたね。
ここまで確信犯的にやられてしまうと
余計なツッコミなんてどうでもよかったし。


Gaia II」だったか「V III」だったか記憶が定かじゃないんだけど、
(おそらく時期的にGaia IIだったと思うが)
インストア・イベントに行ったんだよ。
女性ファンが異常に多かったのを覚えてる。


サングラスをして深紅のギターを手に仮設のステージに現れた貴公子!
女性ファンから黄色い声援が上がってましたねw
ひとしきりギターをソロで弾きまくった後、
質疑応答のコーナーになり、
音楽的な質問が出るのかと思いきや
音楽とは関係のないプライベートな質問ばかり…(苦笑)
あまりにどうでもよい質問ばかりだったから殆ど覚えてないんだけど
1つだけハッキリ覚えてるのが、
ある女性ファンからの


「恋人はいるんですか?」


という質問に対するValensiaの答え!
(この質問もどうかと思うが…)


「恋人はいません。僕の恋人は、ここにいる皆さんとファン全員ですから。」
(またキャー!と声が上がる)


まるで昭和のアイドルのようなValensiaの答えに
自分なんて、その場で固まってしまいましたよw
その後も音楽的な質問は出ず、イベントは終了…


イベント終了後、「行くんじゃなかった」と思いながら
店の裏口がある通りを歩いてると、
裏口のドアに隠れて煙草を吸ってるValensia発見!w
こちらの顔を覚えていたのか、
目が合うとサッと煙草を隠しw
向こうから握手をしてくれて
「今日は来てくれてありがとう」と言いながらピックまでくれた。
マズイところ見られたと思ったのかな?w
もしかしてピックは、口止め料?w
当時は貴公子イメージだったから、
イメージを守るのもそれなりの苦労があっただろうね。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。