スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nine Inch Nails -Broken- 

カテゴリ:Nine Inch Nails

BrokenBroken
(1992/09/22)
Nine Inch Nails

商品詳細を見る


一時期、Guns N' RosesのAxelが
好んでNine Inch NailsのTシャツを着ていたことで
その存在を知るものの、
「インダストリアル」という聴きなれない言葉から
テレビでPVを見るまでは


「コンピューターで音楽を作って演奏してる」
「ピコピコ電子音だらけで人間味に欠ける音楽」


と勝手な勘違いをしてた(苦笑)


音楽を語る時に、
カテゴリー(ジャンル)を使った方が伝わりやすいのは重々承知だけど
こういった勘違いを招きやすいから
実際どうなんだろうとも思う。
自分が普段から音楽を聴いている人に勧める時は、
相手が好きなバンドなどを挙げて


「〇〇が好きなら、これも気にいるかもしれない」


といった感じで勧める。
相手が好んで聴かないジャンルを挙げて


「そのジャンルは聴かないから…」


と、先入観で断れてても勿体ない気がするし。
と言いながら、Nine Inch Nailsについては
自分が勘違いしてたんだけどw


そんな勘違いを正されたのは、
今でも信じられないけど
深夜に放送していた音楽番組で
①Pinionと②Wishが流れていたのを見たからですね。
(①なんか地上波で流して良かったのか?w)
フィジカルなダンスビートと強烈なギターノイズに
先入観を粉々に砕かれてしまいました。
個人的には全然そんな趣味はないのにw
PVで表現されていたボンデージの世界や
いじめられっ子がキレる寸前のような切羽詰まった
歌詞
そしてギターノイズに惹かれてしまった。


「想像していたのと全然違った!これは買いだ!」


と妙な焦りすら感じましたね。


それ以来、アルバムが発表されれば必ず買っているし、
ライブもスケジュールが合えば行きましたが、
Nine Inch Nailsとしては
最後の日本公演となった先日のサマソニには行けなかったのが、
今一番悔やまれる事ですね…
今後どんな形で活動するかわかりませんが、
これからも楽しませてくれそうですね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。