スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dizzy Mizz Lizzy -Dizzy Mizz Lizzy- 

カテゴリ:Dizzy Mizz Lizzy

Dizzy Mizz LizzyDizzy Mizz Lizzy
(1998/03/28)
ディジー・ミズ・リジー

商品詳細を見る


グランジ、オルタナティブ旋風が吹き荒れ
多くのHR/HMバンドが失速していった90年代。
哀愁溢れる美しいメロディーを予測不能なリズムに乗せて
デンマークから登場した3人組、Dizzy Mizz Lizzy
なんと2010年に再結成ツアーをするそうです!


大物バンドのシンガー交代があったり
中堅バンドの活動が滞ってしまったりと
HR/HMファンにとってはあまり明るいニュースの少なかった当時、
彼らの音楽性がHR/HMかはどうかは別として
彼らが登場した時は
真っ暗な部屋に一筋の光が差し込んできたようにも思えました。
当時は、それくらい明るいニュースがなかったような印象がある。


バンド名をThe Beatlesの楽曲から取っているだけあって
The Beatlesからメロディー・センスも受け継いでおり、
個人的には非常に懐かしい響きもありました。
そして、このバンドの一番の特徴でもあるのが
一筋縄ではいかない予測不可能なリズム。
転調を繰り返すリズムに美しいメロディーを
上手く乗せてしまうところに
このバンドの優れた音楽的センスを感じます。
また90年代に登場したバンドらしく
当時のグランジやオルタナティブの要素も上手く取り込んでいて、
ただの懐古主義バンドに終わらず
現在進行形のバンドとして主張している印象を受けました。


デビュー当時に絶賛された⑤Gloryを始め
②Waterline、⑦Silverflame等
名曲と呼んでも差し支えのない楽曲が多く収録されています。
デビューアルバムを始めて聴いた時は
これだけの音楽的才能を詰め込んだアルバムを作った
自分と同年代のメンバーが羨ましくも感じました。
別に音楽で喰っていこうなんて思ってもないんだがw


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。