スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rammstein -Pussy- 

カテゴリ:Rammstein

PussyPussy
(2009/09/29)
Rammstein

商品詳細を見る


今月号のBURRN!にRammsteinのインタビューが
掲載されていて驚きました。
まさかBURRN!に掲載せれるなんて思ってもいなかったので。
いつものように他誌と同様スルーされて
新作アルバムも日本盤が出ないのかと思っていました。


ショッキングなアートワークなので
見る人によっては不快感を覚えるだろうし、
健全な青少年が見ても大丈夫だろうか?と思い
記事内にアートワークを載せるか迷いました。
が、載せちゃいますw
BURRN!にも載ってたし、
Amazonでも年齢確認無しで普通に表示されるので
きっと良いんだろう、うん。
(勝手に納得)


血生臭い実在の猟奇事件や近親相姦、性的虐待、死姦、同性愛など
物議を醸しそうな歌詞が満載のバンドだけに
アルバムに先駆けてリリースされたシングルでも
物議を醸しそうな内容(タイトルそのまんまw)になっています。
この楽曲は一部英語とで歌われているので
聴いているこちらが恥ずかしくなってしまうような内容です。
しかしキャッチーな楽曲なので
知らず知らずのうちに歌ってしまっている自分がいたりしてw


You've got a pussy, I have a dick
So what's the problem? Let's do it quick
So take me now before it's too late
Life's too short, So I can't wait
Take me now, Oh don't you see, I can't get laid in Germany


って、もし日本語だったら
口ずさんでるのを聴かれただけで
人間性を疑われそうです。


こんな内容のシングルでも
なんと本国ドイツとフィンランドではチャート1位を獲得していて
こんな楽曲を本気でやってしまうバンドもバンドなら
ドイツ、フィンランドのファンもある意味凄いなw


PVも歌詞そのまんまの内容で
メンバーそれぞれがポルノに出てきそうな男の役で登場しており
映ってはいけないものまで、しっかり映っています。
家族がいる時に再生してしまい
危うく家族にあらぬ疑いをかけられるところだったじゃないか!w
これからPVを見ようと思っている方は
一人の時に見た方が良いかと思います。
海外のインタビューでは、
Hなシーンは代役なのかと尋ねられ
「それについてはノーコメント」と答えており、
じゃあ、あれもこれも体当たりでやったのか?w


新しいアルバムのボックス・セットも
とんでもない内容になっているようです。
以前、Marilyn Mansonのボックス・セットで
レザーのTバック付きボックスってのがあったけど、
これはそれ以上だな。
家族に間違って開封されたりしたら…
恐ろしや~


興味のある方はどうぞ↓
(自己責任で見てね)


18禁ボックス


スポンサーサイト

Rammstein -Sehnsucht- 

カテゴリ:Rammstein

SehnsuchtSehnsucht
(2001/12/24)
Rammstein

商品詳細を見る


グラムロックなどの影響もあり
奇抜なメイクをしたバンド
ショーアップした大掛かりなライブをするバンドが好きで、
David BowieやThe Cure
HR/HMなら定番ともいえるKISSを始め、
Alice Cooper、W.A.S.P.などなど
これまで多くのそういったバンドたちに魅了されてきました。
特に「極悪非道なパフォーマンス」「シアトリカルなステージ」
なんて言葉が誌面を踊っていたら
持ち前の好奇心と怖いもの見たさで
確かめずにはいられないのですw


Rammsteinの存在自体は、
デヴィッド・リンチ監督の映画「ロスト・ハイウェイ」で
知っていたのですが、
この「Sehnsucht」を聴くまでは、
「ロスト・ハイウェイ」のサントラに入っているドイツのバンドという認識しかなく
「ソリッドなギターがカッコイイから今度聴いてみようかな」程度しか思っていませんでした。
そう思いながらも、他のバンドを追いかけるのに忙しくしている間に
Rammsteinの事なんてしばらく忘れてしまっていました。


そしてある日、
海外の音楽雑誌(どの雑誌だったか思い出せない・苦笑)を読んでいる時に
彼らのライブ写真がデカデカと載った記事を見つけたんです。
炎に包まれてながら、また火炎放射気で炎を放ちながら演奏している姿や
男色ショーの写真(そっちの趣味はないです、念の為w)が載っており
見るからに大掛かりなパフォーマンスで
記事を見ただけでツボにハマってしまいました。


同じドイツのKMFDM辺りを彷彿とさせる
ダンサブルなエレクトロニックなサウンドに
ソリッドなザクザクとしたギターが気持ち良く、
歌詞のドイツ語の語感がヘヴィーさを増幅させています。
国際的に活動していながら
敢えてドイツ語で歌われているのも
非常にインパクトがありました。


最近はドイツ語訛りの英語で歌われている楽曲もあったりしますが、
やはりRammsteinの魅力は
ドイツ語で歌われているところにあると思います。
ドイツ語なので英語で歌われた楽曲と比べて
ダイレクトに歌詞の内容が伝わってこないのですが、
かなり際どい歌詞なので、逆にこれで良いのではないかと…w


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。