スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Megadeth -Countdown To Extinction- 

カテゴリ:Megadeth

Countdown to ExtinctionCountdown to Extinction
(2008/10/29)
メガデス

商品詳細を見る


本腰を入れてMegadethを聴くようになったのは、
このアルバムから。
それまでは何曲かは知ってる程度でした。
目まぐるしく変わっていく複雑な曲展開に慣れなかったし、
「インテレクチュアル・メタル」という形容が
なんだか小難しそうな印象を与えてたのも手伝って
複雑な曲展開が更に複雑に感じられて
なんだか馴染めなかったんだよね。
やっぱ先入観って邪魔だね。


Megadethのアルバムでは、
このアルバムが最高傑作だと思ってます!
個人的Megadethの名曲⑤Sweating Bullets1曲だけでも聴く価値があるアルバムだと思う。


この⑤Sweating Bulletsは、
強迫観念とでも、パラノイアとでも言えば良いのか、
そんな狂気に徐々に狂っていく男の様子を語る歌詞にまとわりつく
多少ノイジーでメタリックなギター!
歌詞と音楽が完璧にマッチしてるから。
聴いてるとエンディングに向かって、
本当に手に汗が滲んでくるね!


アルバム全体を通して
Daveのアグレッシブなギターとマーティーさん のメロディアスなギターが
絶妙なバランスで混ざり合って、
以前のアルバムのアルバムに比べて
格段に聴きやすくなったと感じた。
(曲展開がそこまで複雑じゃなくなってシンプルになった。
でも十分にテクニカル!)
スタイルの違う二人のギターリストが弾いてるから、
どのフレーズを誰が弾いてるのかが
聴きながら想像出来る位。
その想像が合っているかどうかは別としてw


当時ライブ会場でよくかけてたMinistryの影響もあってか、
リズムも異常にカッチリしていて、
そのマシンのようなリズムとリフがDaveなシニカルな姿勢と合わさって、
音が全体的に冷徹な感じがするも個人的にツボだしね。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。