スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライナーノーツは情報源 

カテゴリ:ひとりごと

家庭の状況もあって
現在、音楽を聴く時はパソコン(iTunes)
またはiPodをスピーカーに接続して聴いていて
一部のCDを除いて
殆どのCDは段ボールに入れて押し入れにしまってる。
そんな風に細々と音楽生活を楽しみつつ
最近ブログを書く時に、困っていることがある。


それは、


「CDに付属しているライナーノーツ(解説)が、すぐに読めないこと」


バンドの歴史(特にメンバーの入れ替わり)であったり、
来日の時期だったり、
自分の曖昧な記憶を確認したい時には、
解説は記憶を確認するのに最適の材料で、
また改めて読むとスッカリ忘れていた事を思い出したり
記憶の中の断片的な情報が急に繋がったりと本当に助かる。


前述の通りCDは段ボールの中なので
「このライナーノーツが読みたい!」と思っても
目的のCDを探すだけでも一苦労…
一応段ボールにアルファベットを明記して
どの段ボールにどのCDが入ってるか
分かるようにしてあるんだけど、それでも大変。



やはり様々な情報の詰まっているライナーノーツは大事ですね!
アルバム制作中(または制作前)のアーティストの状況がわかったり、
ベテランのような活動期間が長いバンドだと
ディスコグラフィーについても書かれてる場合もある。
ライナーノーツを読んで、
「次はこのアルバムを買おう」なんて考えることもできる。
本当に便利な情報源です。


そんな便利な情報源だけに、今困ってるのですw
そんな状況で書いているので、
多少間違った内容を書いてしまう事もあり得るので、
その場合は、どうぞご勘弁を(苦笑)


スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title

ネット上でレビューを書かれている方が、各バンドのプロフィールを書く場合、
私もそうですけど、Wormboyさんと同じようにライナーを頼りにしていると思いますよ。

でもバンドによっては作品数が多すぎて、どれが何作目なのか分からないものもあり
そういう場合は、バンドのオフィシャルHP等の情報に頼ることも
ありますね。
それでも間違ったことを書いてしまう場合は往々にしてあるでしょう。
大丈夫です。皆さん広い心を持っている方ばかりですから、些少の間違いはご愛嬌ですよ(笑)。

Wormboyさん

こんにちは!

ライナーノーツはそのバンドのルーツを知るのにとても重宝しますよね!私は全てのアルバムを国内盤で購入しますが、ボーナストラックなどの特典目当てではなく、完全にライナーノーツを読むためだけに国内盤を購入しているようなものです。

今後は、段ボールに行く前にスキャナーでスキャンしておくか、デジカメで撮影しておいて、PC上で管理されてはどうですか?苦肉の策ですが・・・
  • [2009/08/06 11:57]
  • URL |
  • メタラーまっちゅ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

メタリストさん

メタリストさん、こんにちは!

バンドのプロフィールなどは比較的覚えているのですが、
アルバムの発売年や背景については記憶に自信がなくて(苦笑)
よくタイプする手が止まってしまったりしてしまいます。
伊藤政則氏は、こういったことを全て記憶していると読んだことがあります。
凄い記憶力だと思います。

作品の多いバンドは、
オフィシャルHPのディスコグラフィーが本当に便利ですね。
購入する時に参考にしたりもしています。

> 皆さん広い心を持っている方ばかりですから、
些少の間違いはご愛嬌ですよ(笑)。

有難いお言葉ありがとうございます。
これからも頑張って更新します!

メタラーまっちゅさん

こんにちは!

初めてCDを買うバンドのライナーノーツは
そのバンドを知るのに大変役に立ちますね。
私が買うのは全て国内盤ではないですが、
できるだけ国内盤を買うようにはしています。
輸入盤が既に発売されているのに
国内盤の発売が数カ月も先だったり
発売の予定がなかったりする場合は、輸入盤を買ってしまいます。

スキャナーでPCに取り込んでおくのは良い案ですね!
これからは段ボールに入れる前に
ライナーを取り込んでからしまおうと思います。
今段ボールに入ってるCDは後回しにしますが…
アドバイスありがとうございます!

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/103-ed608319

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。