スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guns N' Roses -アクセル・ローズ ガンズ・アンド・ローゼズ外伝- 

カテゴリ:Guns N' Roses

アクセル・ローズ ガンズ・アンド・ローゼズ外伝アクセル・ローズ ガンズ・アンド・ローゼズ外伝
(2009/05/30)
ミック・ウォール

商品詳細を見る


 「Use Your Illusion II」収録の⑤Get In The Ringで
名指しで罵倒されてしまった
ミック・ウォールが書いたアクセルの自伝。
もちろんアクセル非公認だから、
原題は「The Unauthorized Biography」となっています。


「俺一人でもガンズですけど、何か?」とでも言いたそうな
アクセル自身の表紙と
挑発的な「俺がガンズだ!」と書かれた帯に
好奇心を駆られて買ってから
読まずに放置されていたので、
この2日間で一気に読んでしまいました。
アクセルが生まれてから2008年初頭までの出来事が
書かれており、
ドラッグ、オリジナル・メンバーとの衝突、
ツアーでの事件や数々の訴訟などが
主に元メンバーを含む元関係者の証言や
メディアでの報道などを交えて綴られています。


自分がガンズと出会ったのは彼らがデビューした後だったので、
デビュー前後の話や「Use Your Illusion」レコーディングの辺りは
個人的には非常に興味深い内容でしたね。
「そういえば、そんな事もあったよね~」と懐かしい事もあれば
今となっては「あの騒ぎは一体なんだったんだろう~?」と
思ってしまう事もあったりしました。


オリジナル・メンバー崩壊以降のニュースまでは
いちいち追いかけていなかったので、
こうして様々なニュースが関係者らの証言を交えて
1冊にまとまってるのは便利かと思います。


が、過去にも胡散臭い記事を書いてきたミック・ウォールですから、
この本でもやらかしてくれています。
本書の冒頭でいきなり
「Guns N' Rosesのフォロワー、Mötley Crüe~」と
記述があったりw
所々で間違い、もしくは間違っていると思われる記述が見られるので
ここに書かれている事が全て事実というわけではないと思います。
なんせ非公認ですからw
ある視点(ミック・ウォール)から見た
アクセル・ローズという男の物語と思って読んだ方が良いかも。
他のライターが書けば、まったく違った印象になるだろうし。
(本書の内容とは直接関係ないですが誤植も多いです)


スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title

Wormboyさん、こんばんは!

>本書の冒頭でいきなり「Guns N' Rosesの
フォロワー、Mötley Crüe~」

大いに笑いましたwww

私にはミック・ウォール氏が何者なのかまったく
わからないのですが(Get In The Ringの中で
罵倒されていることもまったく知らず)
他人の自伝をしかも非公認で出してしまうのですか!
まずこれに驚いてしまいますね~!

ニュースには事欠かないアクセルの事ですからね、
まぁ中身は見ていませんが、これは結構興味を
そそられそうな内容になっていそうですね。
是非一度読んでみたいです!




  • [2009/10/02 22:51]
  • URL |
  • メタラーまっちゅ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

メタラーまっちゅさん

メタラーまっちゅさん、こんばんは!
そうなんです!
このミック・ウォール氏によるとモトリーはガンズのフォロワーだそうなんですよw
読んでいて、思わずオイオイ~って突っ込んでしまいました。
ミック・ウォール氏は、ケラング誌の元記者でして、
デビューしてからしばらくはバンドにインタビューしたりと親しくしていたのに、
突然アクセルの掌返しの憂き目に遭い
「Get In The Ring」で他の記者連中と共に実名で罵倒されてしまいました。
ミック・ウォール氏は未だに何故掌返しに遭ったのか思い当たる節がないそうです。
(非公認で自伝を出してしまうような方ですから、アクセルはそんな所がムカついたのでしょうか)
スキャンダラスなニュースが多い人物だけに
その点では面白く読む事が出来ますよ。
こちらは非公認なので後に出た本人が書いたスラッシュの自伝の方がより事実に忠実だと思います。
こちらも機会があったら、読んでみたいと思っています。

No title

こんばんは~。

>本書の冒頭でいきなり「Guns N' Rosesの
フォロワー、Mötley Crüe~」
これは・・・ヒドいですねw
高校生でも知ってますよどっちが先に生まれたかなんて・・・wイジーがモトリーが好きであーいうファッションにしようとかっていう話とか残ってるのにw

しかし、やっぱり非公式でこういうの出すっていうのは、やってることは違えど、精神がBURRN!の広瀬みたいじゃないですかw
バンドの冒涜を惜しまないといいますかw

スラッシュの自伝と一緒にコレも欲しいなぁ・・・。
なんか近所の書店になさそうだなぁ。
松岡修造の本も売ってなかったようなところだし。
Wormboyさんはやっぱり通販ですか?

higeraさん

higeraさん、こんばんは!
さすがに「Guns N' Rosesのフォロワー、Mötley Crüe~」の間違いには、
本当に音楽記者なのか疑いたくなるほどの衝撃でしたw
ちなみにこの非公式自伝は、BURRN!と同じシンコー・ミュージックから発売されていますw
幸運にも私の近所のタワレコとHMVは結構書籍も置いているので、
私は出来るだけ店頭で買っていますね。
「読みたい」と思ったら、その日のうちに欲しいので。
我慢を知らないガキなんですよw
探し回ってどうしても見つからない時や
海外でしか手に入らない本だったら
通販でも買いますね。
今度スラッシュの自伝を見かけたら手に入れようと思っているところです。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/131-7603ebb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。