スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X -Vanishing Vision- 

カテゴリ:X (X Japan)

Vanishing VisionVanishing Vision
(2000/09/13)
X JAPAN

商品詳細を見る


Dead Endの復活アルバムを手に入れて以来
日本のバンド群を改めて聴いている。
このXも、その1つ。


日本のHR/HMバンドで絶大な人気、影響力を持つXは、
その名をお茶の間まで浸透することに成功した
唯一の日本のHR/HMバンドだと思う。
一般層まで取り込むことの難しいであろうHR/HMという音楽性でありながら、
耳を捕え易いメロディアスな楽曲や壮大なバラードが多いのが最大の理由でしょう。
(個人的には1993年以降バラード曲をシングルで連発されて
食傷気味になってしまい離れてしまったんだが)
未だに普段音楽を聴かないような知人などに
「メタルが好き」と言うと
「Xみたいに髪を立ててるバンドとか?」と聞かれる位だから
その知名度は計り知れない。
しかも半年程前にも、こう尋ねられたし(苦笑)


Xの存在を知ったのは
日本テレビの「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」でした。
私と同世代の多くの方が
この番組でXの存在を知ったのではないでしょうか。
番組ではイロモノとして扱われており
音楽的な魅力が伝わってくるような事は
ほぼ皆無だったのですが、
何かの雑誌でアルバムが発表される事を知った時
1曲もまともに聞いた事がなかったのに
ただ「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」に出ていたバンドだからという理由だけで購入を決めました。


しかし困った。
当時住んでいた地区にはインディーズ作品を扱う店はなかったし
(知らなかっただけかもしれない)
通販で買うしか入手方法がなかった。
現金書留の送り先は「エクスタシー・レコード」
少年は現金書留の宛名を親に見られやしないか、
宛名を見て郵便局の窓口のお姉さんに変な目で見られやしないか
ヒヤヒヤしながら現金書留を送ったのでしたw
CDが届くまでの間も
親に勝手に包みを開けられたらどうしよう?
届いてからは、このバイオレンスなジャケットですから
親に見つかったらどうしよう?と心配は尽きませんでしたw
良い子は買ってはいけない物を買ってしまった気分になり
最終的にカセットにダビングしてカセットを聴いて
ブツは勉強机の鍵のかかる引き出しに仕舞い込んでいました。


このCDを買うまでは
BOØWYやBuck-Tickなどを聴いていて
荒々しいサウンドはもちろん
「無邪気な女を笑いながら嬲り殺して」なんてサディスティックな歌詞は
聴いた事もなかったから本当に衝撃的でした。
衝撃的というよりもショックだった。
当時はHR/HMなんてジャンルがあるなんて知る由もなく
「テレビから出て来たロックバンド」と捉えて聴いていました。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title

こんばんは!

懐かしいですw
私がちょうど中坊のころにやたらと流行りましたが、
私は少々おませさんで、小学生から洋楽を聴いて
いたので、みんながXに夢中になっている時も
メガデスやらスレイヤーなんかを聴いていたのを
思い出します。

しかしある時、親友にお前も激しいの好きみたいだから
X観に行こうと誘われ、東京ドームでの公演を
一度観ています。この時はYOSHIKIがドラムセット
破壊してフラフラになりぶっ倒れのですが、
もう最高の演出で、みんなで大爆笑して楽しみました。

なんだかリッチーがギター破壊するの観るより、
YOSHIKIの壊れっぷりのほうが衝撃的でしたね~

ジャパメタと言えばやっぱりXですよね。
私も一応一通りのアルバムは聴いていますよ。
しかし彼らって「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」
から有名になったんでしたっけ?もう覚えていないな~
なんだかバンドマンが自作の曲と演奏で愛を
告白するコーナーがあったのは、激しくおぼえて
いるんですが、あと高田純次の壊れっぷりも
楽しかったですねw
  • [2009/11/19 22:44]
  • URL |
  • メタラーまっちゅ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

No title

どうも!
ジャッケトも曲も衝撃的ですね。数ヶ月前に友達の父親経由で手にいれました。
そのときはXの1thと2thアルバムは聞きこんでいましたが、デビュー後とは違うスピードあるスラッシュメタルが聞けて「日本でもこんな音楽やってた人いたんだ!」というカンジで驚きました。
でも、気持ちよくピアノを絡めたバラードも好きですけどね。
Xって他のバンドみたいにスラッシュだメロスピだみたいに細かいジャンルで分けられないですよね。それでよくあそこまでの影響力をもったバンドになったなぁと思いましたw

No title

Xは"BLUE BLOOD"から聴きはじめました。
その時は激しいけどいい曲を書くバンドだな~くらいにしか思っていませんでした。
が、その後、"SILENT JEALOUSY"を聴く前に
このアルバムを聴いたのですが、正直"BLUE BLOOD"と比べると
だいぶ印象が違うように思えて、驚いたのを覚えてます。

メジャーデビューしてからのXはメタルかどうかは意見が分かれると思いますが、
"Vanishing Vision"期の彼らは間違いなくメタルだと思います。

「天才たけし・・」も懐かしいですね~。私も観ておりまして、
TOSHIが流行ってないラーメン屋に突然乱入してお客さんの前で
歌ったりしてお店を盛り上げたり(?)するコーナーは笑いました(笑)。
完全に逆効果だったと思いますけどね(笑)。

メタラーまっちゅさん

メタラーまっちゅさん、こんばんは!
メタラーまっちゅさんは、早くからメガデスやスレイヤーを聴いていたのですね!
私がXを知った頃は、まだスラッシュメタルなんて全然知りませんでした。
YOSHIKIのドラム・ソロ~ドラム破壊はライブでは盛り上がりますよね。
私もライブで実際に目撃した時は衝撃的でした。
気合い入れて遠方のライブ会場へ出かけて行って、
お約束のドラム・ソロの時間が長くて帰りの最終の新幹線に乗り遅れてしまい
学生だった私はホテルに泊まれるお金を持っているはずもなく駅前の広場で野宿したのも今では良い思い出ですw
Xは大音量のライブ演奏で芸能人を起こす「早朝ヘビメタ」等で「元気が出るテレビ」に出演していました。
確かYoutubeにもアップされていたような気がします。
恋人を隣に座らせてラブソングをプレゼントするコーナー覚えていますよ!
爆笑ものの迷曲が盛り沢山で当時大爆笑していました。
名企画の多い名番組で、他にも高田純次の「しつこい高田」も面白かったです。

メタラックスさん

メタラックスさん、こんばんは!
「友達の父親経由で~」って(汗)
リアルタイムで手に入れた私にとっては、この言葉が一番衝撃的かもw
Xがサブ・ジャンルで細かいジャンル分けが難しいのは、
曲のタイプが曲を作るメンバーによって非常に異なっているためかもしれませんね。

メタリストさん

メタリストさん、こんばんは!
Xのアルバムは、作品を重ねる毎にメタルの要素が少なくなっているように思います。
私は「Vanishing Vision」の荒々しいサウンドが気にいっていたので、
すっかりメタル色の薄くなってしまった「Silent Jealousy」を初めて聴いた時は愕然としました(苦笑)
「天才たけし」は本当に名物コーナーが多い楽しい番組でしたよね。
食堂や産婦人科の前など場違いな場所で演奏するシュールさに大ウケしていました。

なつかしいです(*^_^*)

♪鼻歌口づさみ
♪肉体噛みちぎる
♪無邪気な女を~

でしたっけ?
昔、よく聴いておりました☆

沙羅斗牙さん

沙羅斗牙さん、はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。

>♪鼻歌口づさみ
♪肉体噛みちぎる
♪無邪気な女を~でしたっけ?

そうです!その部分です!
少年には多少刺激が強すぎたようですw

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/145-097a1f07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。