スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Outrage Japan Tour 2010 'Rise' @ 名古屋 Electric Lady Land 

カテゴリ:Outrage

随分前の話で恐縮ですが、Burrn!誌人気投票でアルバム部門3位に入った「Outrage」発売後、初となる名古屋公演に行ってきました。


会場近くの商店街でブラジリアン・チキンを食べてて見事に開場時間に遅れてしまい、会場に足を踏み入れた時には、まだオープニング・アクトの演奏中なのに会場入り口の扉まで人で埋まっており、入口付近から全く移動する事が出来ず…
残念ながらソールドアウトにはなっていなかったものの、会場を埋める人、人、人を見ただけで、新作がいかに充実した内容で、好意的に受け入れられているかが窺えました。


セットチェンジで人が移動し始めるのを待ってから、前の方へ移動…というより、急遽一緒に行ってくれることになった友人に促されるまま最前列に。
この時既に脚の痺れが強くなってきていたので、人にぶつかったり、モッシュに巻き込まれたりしたら、即退場です。
友人が安井氏側最前列の隅っこに安全な場所を確保してくれたので、万が一の時には友人とバーをくぐって逃れよう!と決めてライブに臨みました。


お約束のLed ZeppelinのImmigrant Songでメンバーが登場し、丹下氏が刻むRiseのイントロ・ドラムに誘われて会場からの声も徐々に大きくなっていく。
余談ですが、Riseのイントロを聴くと、MetallicaのThe Ecstasy Of Goldを思い出すんですよね。
興奮が徐々に盛り上がっていき、 曲に入ると同時に一気にアドレナリンが噴き出すような感覚を覚えるあたりが似てるというか。
ライブで聴いて、更にその感覚が強くなりました。
1曲目から会場全体から「Die!Hard!」の声が上がり、早くも会場全体が一つになりました。
続く2曲目は新作の曲順通りYou Care?I Don't Careで、その勢いのまま畳み掛けるように初期の曲が続き、私がいた反対側、阿部氏側ではギター・ソロに合わせて歌声が上がるようになり、まるでIron Maidenのライブのようでした!


新作からの曲に戻る前に、丹下氏が「みんな、新しいアルバム聴いた?」とファンに問いかけ、「最高~!」とフロアから好意的な反応が返ってくると、安井氏がすかさず「そうか~?」と首を傾げて笑いを取る。
橋本氏が脱退する前のライブでは近寄りがたい威圧感さえ感じたのに、現在はバンド活動の充実ぶり(ベテランの貫禄?)がバンドの雰囲気にまで表れているのか、メンバー全員終始笑顔だったのが印象的でした。


中盤からShine Onまでは新旧の楽曲を交互に織り交ぜながら進み(Slowly But SurelyとShine Onでは、キーボード奏者のサポートも入っていました)、Final Day、Life Until Deafからの選曲で全力疾走で本編終了!



当然のように会場からはアンコールを求める声が上がり、すぐにステージに戻ってきた阿部氏が弾き始めたのはMegalomaniaで、阿部氏のギターが炸裂する楽曲3連発で、フロア前方のモッシュ、ダイブが更に激しくなり、異常な盛り上がりを見せました。
安井氏も客席にダイブしてステージ近くのファンに胴上げされた状態で演奏を続ける程の盛り上がりようで、安井氏側にいた私は、人とぶつかったりしないように身を避けるのに必死で!(苦笑)
しかし危険を避けながらも、身体の中ではアドレナリンが吹き出るのを感じていましたよ。


続く2回目のアンコールは、名曲Final Day!
会場全体が「My! Fi! Nal ! Day!」の大合唱が起こり、ステージ上のメンバー、そしてファン全員が最後に残ったエネルギーを使い切ってしまおうとしているようでした。
ラストのStep On Itが終わると、缶ビールを手にしたメンバーがステージ中央に集まってフロアのファンと一緒に写真に収まり、メンバーから感謝の言葉が述べられました。
その時の写真は、ライブ終了直後に丹下氏のブログで公開されていて、ちゃっかり私も写っていましたw


ライブが終わっての私個人の感想は、新作に合わせてか疾走感のあるスラッシュ・ナンバーが多かったので、あったと言う間に時間が過ぎて行った気がしました。
楽しい時間ほど早く過ぎて行ってしまうものですよね。
最後に「ツアーが終わったら、またライブやりますんで~」と丹下氏が言っていたので、夏頃にライブがあるのかな?と勝手に予想しています。


当日のセットリストは、こんな感じでした↓


2010/02/27 名古屋 Electric Lady Land


Rise
You Care? I Don't Care
Just Believe In Me
Death Trap
Fall To Disorder
Veiled Sky
Fists Full Of Sand
Until You Are Dead
Slowly But Surely
Landshark
Under Control Of Law
Shine On
Madness
Undertow
Echo
Live Until You Die
Blind
The Day Of Rage
Fangs


Megalomania
You Suck
Terrorizer


Final Day
Step On It


OUTRAGE VENOM Tshirt
物販では名古屋会場限定Venom Tシャツをゲットしました!



スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title

ライブレポお疲れ様でございます!我が身の危険を
冒してのライブ参戦はとても満足のいくものだった
ようですね!

とても良いセットリストなんじゃないですかねぇ、
非常にアグレッシブなライブだったことが伺えますね。
特に最後のたたみかけがなんとも凄まじい・・・。

それにしても驚いたのが安井氏って客席ダイブとか
やっちゃうんですね!これは意外でしたw

しかしwormboyさんは彼らのいろいろなイベントに参加
していますが、そろそろ彼らにも顔覚えられてるんじゃ
ないですかwきっと丹下さんあたりは『おっ!今日も
いつものイケメン来てるな』とか思っているのでは
ないでしょうか?w

私もなんかライブ行きたいですねぇ、相変わらず
昔観たスラッシュの公演を最後にライブに行って
ませんからねぇ、アドレナリンをドバァ~と垂れ
流したいでつ。

メタラーまっちゅさん

メタラーまっちゅさん、こんにちは!
御身体の具合は良くなってきていますでしょうか。
不安を抱えながらのライブ観戦でしたが、近くにいたDJの方が「きつくなったら、ブースに入ってきても構わないですよ」と声をかけて下さったりしたので、色々な方の助けがあって楽しむ事が出来ました。
幸いぶつかってくる人もいませんでしたし、曲間に柵につかまって屈伸運動したりして(怪しいですよねw)なんとか最後まで楽しむ事が出来ました。
ホント非常にアグレッシブであっという間にライブが終わってしまったという感じでしたよ。
後半のたたみかけは、爽快と言えるほどの駆け抜けようでした。
私も実際にライブで観るまでは、安井氏は無口でステージ上だけで暴れまわっている印象を持っていたのですが、実際は全然逆でしたねw
ダイブもするし、ベースをファンに完全に渡してしまうし、良く喋りますw
実は以前私が通っていたジムに今丹下さんが通っていまして、ジム仲間を通じて丹下さん情報が入ってきたりw、イベント以外でも偶然街でバッタリ遭う事もあるので覚えられています。
バッタリ会う度にお話しさせてもらっているので、そろそろ「またお前か~」と思われてたりしてw
決してイケメンとは、思われていないと思いますよw
メタラーまっちゅさんの最後のライブがスラッシュという事は、かれこれ10年近くご無沙汰ですね。
メタラーまっちゅさんとは好きなバンドの傾向が似ているので、ご一緒できると楽しいでしょうね。
溜まりに溜まったアドレナリンが噴出するのを目撃したいです!

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/171-2921f594

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。