スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kik Tracee -Field Trip- 

カテゴリ:Kik Tracee

Field TripField Trip
(1992/08/25)
Kik Tracee

商品詳細を見る



久しぶりに聴いても、やっぱりStephen Shareauxのネチネチした歌声がしつこいKik TraceeのラストEP。


本来ならこのEPの後にリリースされるアルバムがあったはずなんだけど、結局リリースされずじまいで解散しちゃったから、実質的なラストアルバムがどんな内容だったのか気になるところです。
いきなり脱線しちゃいましたが、本題のこのEPに話を戻すと、Dana Strumプロデュースの1stとは打って変わって、レイドバックした中にも当時盛り上がりつつあった(既に盛り上がっていた?)グランジの影響も窺わせる内容になっています。
サウンドエフェクトを極力抑えた音像は、非常にラフな印象を受けます。


気怠いアコースティックギターのイントロから目覚まし時計の音に導かれて始まる①からして、グランジの影響か時代を感じませますね。
全体的にHRの範疇に入る楽曲が占めているのですが、トライバルなドラムに引きずるようなギターが絡みつき抑揚の乏しいメロディーが続く③だけが他の楽曲から浮いてる感じがしますね。
この③がEPの印象を中途半端にしていて、これさえなければ…と思ってしまいます。
ほのぼのした牧歌的な②、⑤は、EPのタイトル通り「Field Trip」に出かけた時にバスの中でリラックスしてジャムってるような佳曲です。
EPのラスト⑥は、7分超のHR曲です。


① Outta My Bed
② Field Trip
③ In Trance
④ Walking With A Dead Girl
⑤ Drop In The Ocean
⑥ Blood Brother

Mötley Crüeのオーディションを受けに行った人が「Blood Brother♪~」と歌ってるのを聴くのは、ちょっと虚しかったりする…
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/193-42c578a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。