スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vicious Rumors -Cruising The World- 

カテゴリ:Vicious Rumors

Cruising The WorldCruising The World
(2005/05/12)
Vicious Rumors

商品詳細を見る



メタル熱を再燃させてくれたVicious Rumorsが2005年リリースしたDVD作品。
「Razorback Killers」のあまりの良さに過去作品をチェックしていたところ、彼らがDVDをリリースしていることを知って早速オフィシャル(facebook経由)で購入しました。


ヨーロッパツアーのでフェスや通常のライブの映像をメインに、ライブ映像の間にメンバーのインタビュー、メンバーかクルーが撮影した移動中の映像などが収録されていて、ロードムービーのような構成になっています。
(こういうライブ以外での映像が含まれているのって好きなんですよね)
このツアーの正確な年代まではわからないのですが、Savatageのバックドロップをバックに演奏している映像があったり、バックステージの映像ではSavatageがリハーサルしていると思われる音(Visions)が聞こえたりするので、おそらく2001年頃なのかな?


多分時系列でライブ映像が収録されていると思うんだけど、何故か「Lady Took A Chance」だけはCarl Albert時代の映像で、いきなり過去に引き戻されるような構成で少し違和感を感じてしまいました。
ツアーの様子を収録するのなら、この部分はボーナスコンテンツ扱いでも良かったような気がします。
一番気になるBrian O'Connorなるヴォーカルは、高音域での安定感もなかなかで声質もメタリックで安心して楽しめました。
バンドの安定感もさすがです!
曲間に収録されているヨーロッパのメタルヘッズに様子なんかも見ていて、ライブに行きたくなりますね。
特にこの時期だとフェスに!


懐かしいPV4曲が収録されていて嬉しいボーナスなんだけど、テープ興しなのか映像が荒いのが残念。
せっかくなら、もっとクリアな映像で見たかった…
全体的には満足いく内容なので、これくらいは我慢か。


収録曲は、


Down To The Temple
On The Edge
Digital Dictator
Poveglia
March Or Die
Fight
Only Live Twice
Don't Wait For Me
Lady Took A Chance
Broken Wings
Abandoned

-Bonus Features MTV Videos

Against The Grain
Children
Don't Wait For Me
The Voice

Razorback Killers Postcard
特典(?)でポストカードが数枚封入されていました

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/197-6fb1104e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。