スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Megadeth -Countdown To Extinction- 

カテゴリ:Megadeth

Countdown to ExtinctionCountdown to Extinction
(2008/10/29)
メガデス

商品詳細を見る


本腰を入れてMegadethを聴くようになったのは、
このアルバムから。
それまでは何曲かは知ってる程度でした。
目まぐるしく変わっていく複雑な曲展開に慣れなかったし、
「インテレクチュアル・メタル」という形容が
なんだか小難しそうな印象を与えてたのも手伝って
複雑な曲展開が更に複雑に感じられて
なんだか馴染めなかったんだよね。
やっぱ先入観って邪魔だね。


Megadethのアルバムでは、
このアルバムが最高傑作だと思ってます!
個人的Megadethの名曲⑤Sweating Bullets1曲だけでも聴く価値があるアルバムだと思う。


この⑤Sweating Bulletsは、
強迫観念とでも、パラノイアとでも言えば良いのか、
そんな狂気に徐々に狂っていく男の様子を語る歌詞にまとわりつく
多少ノイジーでメタリックなギター!
歌詞と音楽が完璧にマッチしてるから。
聴いてるとエンディングに向かって、
本当に手に汗が滲んでくるね!


アルバム全体を通して
Daveのアグレッシブなギターとマーティーさん のメロディアスなギターが
絶妙なバランスで混ざり合って、
以前のアルバムのアルバムに比べて
格段に聴きやすくなったと感じた。
(曲展開がそこまで複雑じゃなくなってシンプルになった。
でも十分にテクニカル!)
スタイルの違う二人のギターリストが弾いてるから、
どのフレーズを誰が弾いてるのかが
聴きながら想像出来る位。
その想像が合っているかどうかは別としてw


当時ライブ会場でよくかけてたMinistryの影響もあってか、
リズムも異常にカッチリしていて、
そのマシンのようなリズムとリフがDaveなシニカルな姿勢と合わさって、
音が全体的に冷徹な感じがするも個人的にツボだしね。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

インテレクチュアル・スラッシュ

これまたマイ・インスピレーション・アルバムですね♪
昔、よく聴いておりました。
今やこうした音楽はアチエネやLIZANXIAといった、
次世代のバンドに継承されており・・・

WIDOWのファンさん

またまたコメントありがとうございます。
Megadethは、
このアルバムで一気にファン層を増やしましたよね!
この頃はDaveとMartyのツイン・ギターが最高でした♪

MEGADETHが日本でブレイクした理由

いや確かこのバンドがブレイクしたのは、
神戸連続幼児殺人事件のせいだったはずですよ。

犯人の中学生が捕まる前、
世間は「鬼薔薇」なるロック・バンドを取り上げ、
そのバンドがMEGADETHと関連があるとかどうとかで、
・・・つまり悪いイメージ(偏見)がまず先行して、
後に濡れ衣だった事がわかり、
かえってそれが宣伝効果になってしまったわけです。

かく言う私もMEGADETHの事を知ったのは、
ちょうどその頃であり、
それも女性週刊誌を通じてでした(笑)。
有田芳生(ジャーナリスト)さまさまです、本当に(笑)。

音楽的ブレイクはこれだと思いますよ

WIDOWのファンさん

確かに日本で一般層にまでMegadethの名前が知れ渡ったのは、
有田芳生氏が
「酒鬼薔薇聖斗はMegadethを聴いている」と
Megadethを名指ししたことかもしれません。
有田氏の発言によって
知名度が上がったのは確かだと思います。
しかし、そのような知名度の上がり方は、
音楽とは切り離して考えるものであって
バンド、ファンにとっては大変迷惑なことでした。
音楽的な意味でメタルファンの間でブレイクしたのは、
事件より前の「Countdown To Extinction」だったと思いますよ。

有田氏は、
Megadethを「デスメタル・バンド」として取り上げていて、
テレビで「Youthanasia」のジャケットまで持ち出して糾弾していました。
その理由が酒鬼薔薇聖斗の犯行声明の「さあゲームの始まりです」がMegadethの歌詞から取られているという見当違いの推測からでした。
確かにWIDOWのファンさんがこの事件をきっかけにMegadethを知ったのなら、
それは有田氏のおかげなのかもしれません。
しかしMegadethの人気が
有田氏の発言に後押しされたものでは
無いと思います。
有田氏の糾弾は、
スケープゴートもいいとこで
ファンとしては非常に後味の悪い出来事でした。

No title

>当時ライブ会場でよくかけてたMinistryの影響もあってか、
>リズムも異常にカッチリしていて

このアルバムはMEGADETHのアルバムの中でも
レコーディングに非常に手間を掛けたそうですよね。
何でも、ギターとベースの音の長さを可能な限り同じにしたり
ドラムとユニゾンする時も同様で、何度も録り直したりして
デイブも「二度とやりたくない」と言っていたくらいですからね(苦笑)。

私もMEGADETHの作品の中では、これは結構好きですね。
凝った展開のスラッシュメタルはやらなくなりましたけど、
デイブのあの「声」と微妙な不吉さを醸し出す
楽曲がちゃんと詰まっていれば、MEGADETHの作品としては良作だと思いますから。

メタリストさん

メタリストさん
こんばんは!
数あるMegadethのアルバムの中でも、
細部にまでこだわっただけあって
整合感から生まれる緊張感が凄まじいですよね。
この頃
マシンかと思うような正確無比な整合感を持ったアルバムが
多かったような気がします。
レコーディングでの苦労を考えると
デイブが「二度とやりたくない」というのも理解できますね(苦笑)
精神的にも大変なレコーディングだったでしょうね。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/42-8fc50250

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。