スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vicious Rumors -Welcome To The Ball- 

カテゴリ:Vicious Rumors

Welcome To The BallWelcome To The Ball
(2005/02/15)
Vicious Rumors

商品詳細を見る


Savatageに夢中になっていた頃に
同時進行で夢中になっていたバンドが
Vicious Rumors


ドラマティックな曲が多かったSavatageに比べて
Vicious Rumors
思いきりストレートな純度100%のHMをやっていて
HMシンジケートでこのアルバムからの曲がかかって
力強いボーカルと疾走感たっぷりのバンドの演奏で
気に入ってすぐに買ったね!


このアルバムが出た後くらいから
グランジなんかが盛り上がりだして、
段々と正統派HMをやるバンドが少なくなってきて
寂しい思いをしていた時に出会ったバンドだから
思い入れが強い!
時代の流れに逆らうように(決して時代遅れという意味ではない)
正統派HMを聴かせてくれるバンドだったから
余計に好きになったね!


とにかくスピード感のあるリフが超カッコ良くて、
②You Only Live Twice~⑥Raise Your Handsの流れは
今改めて聴いても
最近のバンドなんかよりも全然熱い!
Carl Albertが低音から高音までしっかり聴かせるボーカルで
そのボーカルが堪能できる美し過ぎる位のバラード⑩When Love Comes Downも入っていて
とにかく当時の自分にとっては、
理想的なHMアルバムだったね。(今でもそう!)


Vicious Rumorsを好きになってしばらく経ってから気づいたんだけど、
なんか自分って不運や不幸に見舞われたりして
波乱の運命を辿るバンドが好きみたいですw
(Carl Albertが交通事故で亡くなるのは
好きになって数年後のことだけど)
正しく言えば
「逆境に負けずに活動しているバンド」が好きなんだね。
Vicious Rumorsの場合は、
Vinnie MooreをデビューさせたかったShrapnel RecordsのMike Varneyに利用されたとかね。
とにかく苦労話に弱いみたいw


「苦境でもめげずに、
こんな良い曲を書いて活動続けてるんだから、
自分も頑張らないと!」


って思っちゃうのかな?w
そんなのはバンドにとっては、
余計なお世話かw


そんな余計なお世話と抜きにしても
個人的には名盤です!



スポンサーサイト

この記事へのコメント

はじめまして

これは、私が一番最初にハマったバンドの、
一番最初にハマったアルバムです!!
特に「Savior from anger」という、
サダム・フセインについて歌った曲が大好きで、
よく聴いておりました。

WIDOWのファンさん

WIDOWのファンさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
Vicious Rumorsは、
社会的な問題や事件などを題材にした曲が
結構多いですよね。
私にとって
ヘビーな音楽に
とかく難しく捉われがちな題材を
さり気無く盛り込んであるのも魅力的でしたね。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/64-e70a4638

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。