スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jerusalem Slim -Jerusalem Slim- 

カテゴリ:Jerusalem Slim

Jerusalem Slim


Michael MonroeSteve Stevensが意気投合して結成された
Jerusalem Slimの幻のデビュー・アルバム。
大好きだったMichael Monroeが結成したバンドだったから、
個人的に期待度は半端ではなく、
二人でBURRN!の表紙を飾った時は、
遂に来た!と思ってたのに、
Steve Stevensがデビュー直前になって突然脱退。
愕然としましたね(苦笑)


デビュー直前に空中分解しちゃったのに
商魂逞しいレコード会社が「幻のデビュー・アルバム」として
チャッカリ発売した時は正直引いたけど、
結果はどうあれファンなら興味をそそられるのは当然で
躊躇しながらも結局買ってしまった。
生涯初の「残念アルバム」だったね(苦笑)


内容としては
Steve Stevensの派手でヘビーなギターに
Michael Monroeのパワフルな歌が乗ってるハードロックで、
アルバムとしては決して悪くはないのに
経過が経過だけに冷静に聴けなかったね。


Steve StevensVince Neilのバンド・メンバーとして
インタビューに答えた時に、
このアルバムの完成直前になってMichaelから
「ギターがヘビー過ぎると言われて頭に来た」とか
インタビューで語ってた。


大好きなMichael Monroeのアルバムなのに
あまりに「残念なアルバム」なんで
両手で足りる位の回数しか聞いてないし(苦笑)
出来ればお蔵入りにして欲しかった
本当に残念なアルバムです…


スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title

ヴィンス・二ールのソロアルバムはかなり出来が良いと思いましたが、
こちらは聴いたことがありませんでした。
ジャケットも様式美HMみたいですし、不思議なアルバムではありますが・・・

どういう経緯でマイケル・モンローがスティーブを自分のバンドに入れようとしたのか、
あまり覚えていないのですが、
マイケルが求めているのは、もっとパンク寄りのギタリストのはずなのに
どうしてスティーブのようなテクニカルなタイプのギタリストを入れようと
思ったのでしょうね?
音楽的にはどうかはともかく、波長は合わないと分かりそうなものですが・・・。

波長も大切ですよね

私もどういう経緯でマイケルとスティーブが活動を共にするようになったのか、あまり覚えていません(苦笑)
当時は元ビリー・アイドルのギタリストとしか認識がなかったので、
パンク寄りのHRで良いアルバムが完成するのでは…と期待していましたが…

ヴィンス・ニールでのスティーブのギターを聴いて、
これだけテクニカルな(アクの強い)ギタリストだと
マイケルには合わないだろうなと感じました。
マイケルとのコラボレーションは残念な結果に終わってしまいましたが、
ヴィンス・ニールでは上手くバンドに溶け込んでいて
アルバムの出来には大満足でした。

>ジャケットも様式美HMみたい

そう言われれば、様式美っぽいジャケットですね(苦笑)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/73-b6fd89f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。