スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Motley Crue -Motley Crue- 

カテゴリ:Mötley Crüe

MOTLEY CRUEMOTLEY CRUE
(2008/06/25)
モトリー・クルー

商品詳細を見る


John Corabiをボーカルに迎え
バンド名からウムラウトを外したMotley Crueのセルフ・タイトル・アルバム。
早くから伝えられていた「Til Death Do Us Part」から
セルフ・タイトルに変更されての発売だったな。


ボーカル交代で一抹の不安もあり
一方ではどんなアルバムなのか期待もしながら
複雑な気持ちで聴いた記憶がある。


いきなり好きか嫌いかで言ってしまうと、
好きですね。
Motleyのアルバムの中でも
良く聴いてる1枚になる。
MotleyVince Neilが1stソロでやったのと
同じ路線で勝負してくると思ってなかったし、
(もし同じ路線のアルバムだったら、
ボーカル変えなくても良かったじゃん!ってなるしね)
正直「別なバンド」と捉えていたから
思ったほど抵抗感がなかったのかもしれない。


Motley Crueとしては
かなり冒険してる感じがして(あくまでMotleyとしては)
楽曲の豊富さから
このアルバムを聴くと
The Beatlesの「ホワイト・アルバム」を思い出す。


Vince Neilのソロ公演に続いて
このアルバムでの来日公演を見に行った。
アルバムは好きだけど、
ライブの方はどうなのかな~?と思ってね。
ちなみにこのライブが初めてMotley Crueを見たライブだった。


アルバムの曲に合わせてか
前半はアルバムからの曲に
「Shout At The Devil」などのヘビーな曲を交えつつ進行して
ライブも結構好きだな!と思っていたら
序盤から終盤に演奏された「Dr.Feelgood」からの曲で
ライブ中にVinceの声が頭の中で聞こえだして(幻聴か?笑)
Dr.Feelgood」からの曲は
少し辛いなと思った。
特に「Kickstart My Heart」が…
ファンの合唱にかなり助けられてたような…(苦笑)
先にVinceのライブに行っていたのもあって、
やはり違和感を感じてしまった。
それでも「Home Sweet Home」をアコースティックでやったり
ビデオで見たことのある彼らのライブとは、
趣の異なるライブで興味深かったね。
席が結構良かったからNikkiを近くで拝めたのが
実は一番嬉しかった!




誰が言ったのか覚えてないけど、
彼らがこのアルバムを80年代に出してたら
本当に凄い事になってたのかもしれない…
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/79-1e60a3bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。