スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンロードについて考えてみた 

カテゴリ:ひとりごと

最近の若いリスナー(こんな事言い出したら、もうオッサンだw)は、
自分のようなオッサンに比べて
無料で曲、アルバムをダウンロードするのに抵抗感が薄いらしい。
年齢が低くなれば低くなるほど、
抵抗感がなくなるらしい。
自宅に居ながらネットで簡単に音源を入手できる。
この暑い中、暑い思いをして出かけて行かなくても
欲しい音源が手に入るんだから、
便利な世の中ですね~。


個人的な事を言えば
ダウンロードで楽曲を入手するのは味気ないものがあって、
断然、実際に手にできるCDやアナログの方が好きだね。
ブックレット、歌詞カード、ライナーノーツも無しだと
気分的にも物足りないし、
歌詞を読みながら曲を聴いたり、
アートワークを眺めながら想像力を膨らませたりできない。
もっと極端な言い方をすると
CDに比べてダウンロードの方が
多少安く価格設定してあったりしてしても、
ブックレットその他諸々の付属品は無しだから
自分にとっては「不完全な商品」としか思えない。


「じゃ、プリントアウトすればいいじゃないか」


と突っ込まれそうですが、
自宅のプリンターでは
商品として売られている物には到底敵わないわけで…
プリントアウトしたペラペラの紙切れを眺めながらってのも
更にテンション下がりそう(苦笑)


自宅に居ながら、すぐに入手できるってのも
「音楽との出合い」を大切にしたい自分にとって
ダウンロードが好きじゃない要素の一つだね。
ネットが普及していない頃は、
暇を見つけては欲しい音源を求めて
各地のショップを渡り歩いたりしたもんです。
何軒も探し回って探していた音源を見つけた時の
やっと出会えた感動や達成感は、
ダウンロードでは決して味わえないと思う。


手に入れるまでの苦労があるからこそ、
「このCDは、どこどこのショップで見つけた」とか思い出になって
愛着も湧くしね。
愛着が湧けば、
万が一、苦労して手に入れた音源が
想像していた内容と違ったりしても
内容がどうあれ何度も聴くし、物としても大切にする。
運の良い事に、
今のところ苦労して見つけた音源が想像と違ってたなんて
残念な経験はしてないしね。


更に無料でダウンロードした場合、
アーティストは音楽活動に必要な経費を稼げないから
死活問題だよね。
好きなアーティストが活動できない状況になるのは、
ファンとして一番辛い状況だしね。
ダウンロードも便利だけど、
微々たる額ではあるけどアーティストの活動を応援する意味でも、
これからも手に取って楽しめる現物派で行こうと思います。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

Wormboyさん

こんにちは。

私もきっちりお金を払って音源を買いますね!

私はギターを弾くので、達人たちのプレイは私にとって教科書的な意味合いもあり、アルバムを購入することはレッスン料でもあります。そのかわりプロらしからぬダサいプレイ、下手くそなプレイには相当腹を立てますw金をかえせと!

私も今でもアルバムのジャケットを見ると、思いだす思い出なんかが詰まったアルバムもたくさんあります。

やはり音楽は良質な芸術作を提供してくれたアーティストに対しての敬意を表してお金を払うべきだとも思いますね!
  • [2009/07/23 21:02]
  • URL |
  • メタラーまっちゅ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

メタラーまっちゅさん

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

ギターを弾かれるメタラーまっちゅさんの場合は、
アルバム購入はレッスンでもあるんですね!
私は、今は楽器を弾かなくなってしまったので
プロらしからぬダサいプレイ、下手くそなプレイに
そこまで腹を立てることも少なくなりましたw
もしDream Theaterのようなバンドに
ダサいプレイ、下手くそなプレイをされるとさすがに腹を立てると思いますがw
腹を立てることを少なくなっても、
やはりアルバム全体がつまらなかったらヤラれた!と思います。

メタラーまっちゅさんのブログでも
いつか思い出の詰まったアルバムを紹介してくれるのを
楽しみにしていますよ!

お久しぶりです★

最近、私はブログを初めたのですが・・・
『PARODY OF LIFE』というブログです。
「headhunter192」でググったら
出てくると思います。
今回のダウンロードの話ですが、
私も最近やりました!!

実は私も某ブログみたく、
動画を貼りまくっているのですが、それらを観て、
気に入ったバンドを見つけたキッズたちが、
一人でも多く、CD収集に目覚めてくれる事を
私は切に願っている今日この頃です☆

WIDOWのファンさん

お久しぶりです。
動画をブログに貼って紹介するのは、
多くの人にバンドの魅力を伝える
有効な一つの手段だと思います。
そのような理由で
ご存知のように私のブログも動画を貼っています。

私は、マイスペや動画サイトで視聴して購入を決める場合もありますが、
まだダウンロードはしたことがありませんね。
手にできる現物へのこだわりが強すぎる
アナログ人間なので^^;

今度WIDOWのファンさんのブログへも
お邪魔させていただきますね。

No title

おはようございます。

全く同感!!
この状態がさらに続くのなら
世界の音楽状況はどうなるのでしょう。

私はアナログ派ですが、
Wormboyさんが熱く語るように
ジャケットがない音楽なんて、
クリープのないコーヒーみたいなもの。

楽曲を聴くよりも先にジャケットの出来具合を評価します。
ライナーノートの解説を楽しみにし、
解説者もついでに評価します。

これ、邪道でしょうけど。

正に、正論。

 おっしゃる通り!!
 音楽は文化だけど、芸術であり、アートでもあるんです。
 文化だけ、やたら発達したダウンロードなんて、
 時代遅れと言われても、まだ認めたくないのが正直なとこ。
 淋し過ぎるじゃないですか。
 偉大なる先人が残した数々のアートに勝る作品が、
 今後、出て来ないかもしれないなんて。
 

ミキタカ08さん

こんばんは!
CDへと移行した後も数は少なくとも
アナログも発売されたりしているので
アナログ、CDともなくなるという状況はない…と信じたいのですが、
現物派としては先行きが気になるところですよね。
アメリカでは数年前からアナログの人気が再燃しているそうなので
日本でも同じような現象になってほしいところです。
アナログ派のミキタカ08さんが
楽曲を聴くよりも先にジャケットの出来具合を評価するお気持ち良くわかります!
一番始めに五感に触れるのはジャケットですし
私も聴く前に時間を忘れてジャケットを眺めていることがありますよ^^

たか兄さん

こんばんは!
作り手と受け取る側がいる以上、
そこには作品に対しての対価が発生して当然ですよね!
アーティストが無料ダウンロードに躍起になって対応しているのも理解できます。
そのような対応に心ない無料ダウンロード支持リスナーが
「ヤツらは金の亡者」などと言ったりしているのを聴くと虚しさすら覚えます。

> 偉大なる先人が残した数々のアートに勝る作品が、今後、出て来ないかもしれないなんて。

こんな寂しいことはないです!

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/85-8bdc0f12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。