スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marilyn Manson -The High End Of Low- 

カテゴリ:Marilyn Manson

ザ・ハイ・エンド・オブ・ロウ(デラックス・エディション)ザ・ハイ・エンド・オブ・ロウ(デラックス・エディション)
(2009/05/20)
マリリン・マンソン

商品詳細を見る

Marilyn Mansonのニューアルバムを手にしてから、超ヘビロテ中!
朝出かける準備をしながら、
移動中
そして今はヘッドフォンで大音量で聴いてる!
そろそろ今まで聞いた感想なんかを書こうかな。


やはりTwiggyの脱退後の放浪(NINAPCGOON MOONなど)と
Manson自身がTwiggy不在の間に作り上げてきたものは無駄じゃなかった!


「Holywood」まで作り上げてきたもの
2人別々に活動して作ったものを融合させて
Mansonを「歌」を中心にしたアルバムで、集大成的な印象がする。
ある意味セラピー・アルバムだった「EAT ME DRINK ME」で後退してたバンドらしさが復活してるのが、
何より嬉しい。


9分を超える⑧I Want To Kill You Like They Do In The Movies、
ファンキーな雰囲気漂う⑨WOW
叫びで幕を開ける⑬I Have To Look Up Just To See Hellは、
バンドじゃないと絶対できなかった曲だと思うし。
聴いてるとスタジオでジャムってるところが想像できる。
それにしてもTwiggyのベースって、こんなにヘビーだったっけ!?


シングルになってる⑤Arma-Goddamn-Motherfuckin-Geddon
Marilyn Mansonという異形の存在が病んだアメリカで生まれたことを思い出させるような⑫We're From America
放送禁止用語満載でニュースにもなったくらい
Manson節炸裂してるしね。


70年代グラムのようにロマンティックな響きのある
⑦Running To The Edge Of The World
⑪Unkillable Monster


なんとGingerがピアノをプレイしてる哀愁溢れる⑭Into The Fire
Ginger=ドラムのイメージしかなかったから超意外!


聴けば聴くほど、新しい発見がありそうなアルバムで
期待して待ってた甲斐があった。
ちゃんと眉毛も生えてきたしw
クレジットがブックレットに明記されていないことと
ブックレットの写真がManson&Twiggyだけしか載ってのが残念。
壁一面にラクガキしてる写真を見て、
TourniquetのPVを思い出しちゃった。



⑥Blank And Whiteのピー音のところは、
本来どんな歌詞だったのか気になる。
それとも始めから歌詞なんてない
ただのピー音?
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yourworldisanashtray.blog47.fc2.com/tb.php/9-5f00ff1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。