スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年話題のヤツ買いました 

カテゴリ:購入履歴

Pressure & TimePressure & Time
(2011/07/26)
Rival Sons

商品詳細を見る




各国の音楽メディアで絶賛されているRival SonsのCD買いました。
国内盤(2700円)と比較して、1500円以上安かったので輸入盤をAmazonで購入です。
ボートラと解説・対訳付でも、ここまで価格差があるとついつい輸入盤に手が…ねぇ。
(注文時は1100円くらいだったのに、いつのまにか値段上がってますね)



B!誌のライブ・レポやインタビューを読んで予想していた通りの音で、
70年代HRを彷彿とさせる音作りで一聴しただけでツボに入ってしまいました。
インタビューで語っていた通り、アルバムの収録時間30分ちょっと!
すぐに「おかわり」が欲しくなるちょうど良い長さです。
Black Stone CherryやThe Answer辺りとカップリング来日してくれたら好いのにな。


Vicious Rumors -Razorback Killers- 

カテゴリ:Vicious Rumors

Razorback KillersRazorback Killers
(2011/03/30)
ヴィシャス・ルーマーズ

商品詳細を見る



先日の久々の更新で報告しましたとおり、
この1年、音楽に触れる時間といえば、
通勤中に電車の中でiPhoneかiPodで聴く時間くらいしか取れずでいたので、
このまま音楽に触れる時間が減って、
そのうち聴かなくなってしまうのか?って思ってしまうこともありました。



そんな時にB!誌に掲載されていたVicious Rumorsのインタビューを読んで、
新たに若いヴォーカルも入ったみたいだし、
「これを買わずして!!」と思い、早速購入しました。
手裏剣ボールが落下しているアートワークからして、
「Vicious Rumors」や「Welcome To The Ball」を彷彿とさせるし、
これは期待できるかも!と思ったわけです。
しかも手裏剣ボール燃えてるから、さぞ熱い内容に違いない!とw



結果から言ってしまうと、買って大正解でした。
Carl Albertが亡くなってからは、
作品がリリースされる度にチェックしていたわけではなかったですし、
ヴォーカルが頻繁に交代していたようなので多少の不安はあったのですが、
このアルバムの1曲目のイントロを聴いた瞬間に
そんな不安は吹き飛びました。
1度通して聴いただけで、「やっぱりメタルが好きだぁ!」となってましたw



今作から加わったBrian Allenの声質がCarl Albertに似ていることもあって(特に高音)
ヴォーカルの交代も違和感を感じることもなかったですね。
(個人的にヴォーカル交代が辛い場合もあるので、ここが一番大事なのです)
Geoff ThorpeとKiyoshi Morganによるツイン・リードも聴きどころが満載ですし、
盟友Mark McGeeがゲスト参加(④⑤)しているのに加えて
TestamentのEric Peterson(①)、Night RangerのBrad Gillis(⑩)とゲスト陣も豪華です。



スピード・チューンで始まり、
中盤はミドルテンポのへヴィー・チューンで攻めてくるあたり
アルバム構成としても好きなパターンの構成なので
聴く方としても集中力が途絶えることがないですね。
④Bloodstaind Sunday、⑧Let The Garden Burnの男性コーラスもライブでは盛り上がりそうです。



今年入手した中で一番のヘヴィロテ作品で大満足の内容なのですが、
個人的にGeoff Thorpeの声質が曲によっては苦手でして…
Geoffがヴォーカルを務めている⑧Let The Garden Burnは大好きなんだけど、
⑥All I Want Is Youでのヴォーカルが苦手なんですよね。
確か90年代半ばから毎作品をチェックしなくなっていたのも、
これが主な理由だったような気がします。



これだけの力作を出した後なので、是非とも来日して欲しいですね!



久しぶりなので近況報告 

カテゴリ:ひとりごと

突然の断筆から1年と少し…久しぶりの更新なので、簡単ですが近況報告をさせていただきます。



まず昨年9月に転職しました。
これが更新が止まってしまった一番の原因なのですが、仕事をしながら業務上必要な資格取得へ向けての勉強もしなければならず、休日には会社での勉強会に出席したりしているので、自宅に戻ってもなかなかパソコンを触る気になれずにいました。(仕事ではほぼ一日中パソコンの前に座っているので)


定期購買しているB!誌も全部読み切る前に、次の号が届く…といった具合で、せっかく購入した作品もゆっくり堪能することができず、通勤中にiPhoneで聴いてる状態です。
音楽のない生活は考えられないので、少なからず音楽に触れる機会があることは、本当に恵まれていると思います。



少ない自由時間をやりくりして、昨年6月には名古屋で開催されたMichael Jackson遺品展:MJ46 Keep on Lovingに行ってきました。
Jackson 5時代からソロ時代まで様々な時代の衣装から自筆のイラストなど、レアなアイテム満載のイベントで行けて良かったです。


オープニング・セレモニーでは、展覧会に協力しているプリンセス天功によるスピーチがあり、テレビカメラも多数来ていました。
一緒に行った友人(イギリス人+オーストラリア人)は、「あの人、自分でプリンセスって言ってるけどさぁ~、どこのプリンセス?」と非常に答えに困る質問を…w
「あの人、プリンセスじゃなくてマジシャンなんだよ」と教えてあげると、「マジシャンが、なんでプリンセスなの?」と堂々巡り…w
しかも入口入ってすぐに展示されていたプリンセス天功が描いたマイケルの肖像画を見て、「ヘタだよね~」なんて言っちゃうし、すぐ近くでインタビューに答えてた本人に聞こえるって(汗)
物販で売られていたオークション用カタログ(10万円)は、とてもじゃないけど買わなかったです。



MJ46 Postcard
来場記念に配布されたポストカードです




今年に入ってからは、岡崎市美術博物館で行われた“ビートルズとその時代 Swinging London 50's 60's”展に行ってまいりました。
この美術博物館は、大きな公園の中にあるので、妻と子供が公園で遊んでいる間に、一人でゆっくり鑑賞することができました。
50~60年代のポップカルチャーを象徴するようなデザインとThe Beatlesに関する展示物、そして企画に賛同したJimmy Pageのギターや衣装、たった800円でこれだけのアイテムを拝ませてもらえれば大満足です!



The_Beatles




残念ながら、この1年はライブに足を運ぶ機会には恵まれていませんね。
久しぶりに大音量の中に身を晒してみたいと思っているのですが、なかなかタイミングが合わなくて…
また最近買った新譜に関しても更新したいと思います。




Judas Priest -British Steel 30th Anniversary Edition- 

カテゴリ:購入履歴

British Steel: 30th Anniversary (W/Dvd) (Bril)British Steel: 30th Anniversary (W/Dvd) (Bril)
(2010/05/13)
Judas Priest

商品詳細を見る



久しぶりに買いました!
アニバーサリー企画盤!
Judas Priestの「British Steel」30周年記念エディションです。


いつも財布(我が家の蓮舫w)と相談しながら購入するので、新譜優先で再発(企画)物は後回しにする事が多いのですが、DVD付き輸入盤でタワレコ店頭価格1680円というリーズナブルな価格に負けて買ってしまいました。
自分の財布に入っていた残り少ない小遣いで勝手に購入ですw


「British Steel」は、かなり昔に友人からダビングしてもらったカセットしか持っていなかったので(おまけにカセットデッキがないの聴けない!)、CDでゲットするには丁度良い機会でしたし、約2時間も収録されている(ライブ+インタビュー)DVDが付いてこの値段なら、良い買い物だったと思います。
CDで聴けるようになってマジに嬉しいです!



今週もまた訃報・・・ 

カテゴリ:ひとりごと

Slipknotのベーシスト、#2Paul Grayが亡くなってしまった・・・
先週のRonnieに続き、Paulまで・・・
自分とたいして年も変わらないし、デビュー当時から応援し続きてきたバンドのメンバーだけに、今回の訃報は大変ショックです。
このところミュージシャンの訃報が続いていますね。
Paulが何故亡くなったのか死因は未だ伝えられていませんが、亡くなる原因はなんであれ、好きなミュージシャンが亡くなるのは、何ともやりきれない気持ちになってしまいます。
謹んでご冥福をお祈りいたします。


higeraさん、情報ありがとうございました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。